注目の記事 PICK UP!

2016.01.25

魂の泉から遠ざけるあなたを存在

thumbnail

おはようございます!
佐々木です。

昨日は「魂の泉」について
話しました。

ワクワクが止まらなくて
その人がもっとも輝くことが
できるエネルギーが湧き出る場所です。

そのエネルギーは、
魂から発せられるので
周りの人に無条件で伝わります。

聴いている人も
ワクワクしてくるし
楽しくなってくるし
話している人の感情が
本当に乗り移ってきます。

そんな「魂の泉」の源泉が、
自分のどこにあるのか?

やっぱり知りたいですよね。

僕たちは子どもの頃、
魂の泉から離れたことがなかったです。
いつも、泉と共に生きてました。

ところが、
泉から湧き出るままのエネルギーを
そのまま出すと親の前や学校では、
注意されることが多くて
泉と一緒に在ることをやめてしまいます。

例えば、
楽しくて飛び上がって喜んだり。
ワクワクが絶頂になりその興奮を
体いっぱいで表現したり。

悲しくて泣いたり。
うまくいかなくて悔しくて
フラストレーションを声に出したり。

気がつきましたか?

魂の泉って
ポジティブなものだけでなく
ネガティブなものも一緒にある場所です。

自分のありままに出す、
自分のそのままに出す、
自分が感じたままに出す、

そういうことを
押さえ込まれてきたんですね。

でも、親や社会は、
出すことをそのもを注意したのではなく
出し方や出す場所をわきまえて
出しなさいと言いたかったのです。

ところが、親の側も言葉足らず。
子どもはそんな意図はわからず。

で、結局子どもは
出すことそのものがいけないことだと
勘違いして覚えていきます。

で、大人になった僕たちが
もう一度その魂の泉を取り戻すためには
そのまま出すことをやめた時期に遡り
出し始めるところがやり直さないといけません。

つまり、出し方や出す場所を
しっかり選択できるように学びながら出す
ってことをしていくわけです。

子供らしさを取り戻し、
でも大人として
節度を持った状態で出せるように
練習していかないといけません。

これ、本当に練習が必要です。

じゃあその練習って
どこでやったらいいと思いますか?

例えば、
フラストレーションを表現するのは
どこでしたらいいか?

自分が生まれ育った環境下で、
主に自分と親との関係の中で
つくっていった
「そのまま出せない」パターンは、
どこで育てなおしをしたらいいのか?

それが、
自分が結婚して自分がつくる
家族の中でやっていくことだと思います。

核家族化が進み、共働きが進み、
社会の変動が大きくなり、
仕事はますます忙しくなり、

そのしわ寄せから家族内で、
こういう「心」を育てる機会が
どんどん削られていきます。

それでも、僕たちは
心で生きているんです。

だから、こんな時代だからこそ、
家族の関係性がその人の人生の質を
決定付けてくるんですね。

それを自覚し、
じゃあどうする?って視点から、
しっかり対策を立てましょう。

結婚し家庭を持ったら、
パートナーの存在はあなたにとって
子どものまま置き去りにした
「心」=「魂の泉」を育てなおすために
お手伝いしてもらう人です。

生まれてくる子どもは、
そのまま、自分を生まれたときから
育てなおすお手伝いをしてくれる存在です。

意味を知り
チャレンジする。

そしたら
目的が定まるので
諦めなくて済みます。

では、頑張って!

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから


佐々木への質問フォーム
  *  (山田)
メールアドレス  *
性別  * 男性 女性
所在地  *  国、都市名(アメリカ、ロサンゼルス)
匿名希望  *
お問い合わせ  *
1 / 11

PDCAサイクルはもう古い!?

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

あなたの脳の使い方を診断しハイスペック脳に書き換えるリロードプログラムが無料体験できる

『RCFメソッド徹底解説ガイド』

5万人突破

あなたが解決したい人生の問題はなんですか?  

独立起業? 夢の実現?健康? 家族や対人関係? 
様々な問題はありますが、それらの問題の種類は一切関係ありません。

たった7日間のRCF基礎講座で、あなたの目の前にある現実が変わりはじめます。

無料でメール講座、動画講座を受講できます。