おはようございます!
RCFパブリッシングの
佐々木です。

今日、引っ越しです。
1年3ヶ月住んだオレゴン最初の家から
新居に引っ越します。

自分の人生がどんどん
理想に近づいていきます。

引き続きガンガン飛ばしていきます!

マイクタイソンの自伝を
読んだのをきっかけに、
読書癖を意図的に再発させました。

今読んでるのがこれです。

「ソウル・オブ・マネー」
http://amzn.to/29zNWCg

この中のある部分を読んで
結構大きな衝撃を受けました。

僕のお金のプログラム
「M:180」で伝えていることは
実は、人類規模の課題だったってことが
わかってしまいました。

どういうことかというと、
貧困の問題を抱えている国を
経済的に援助しても、
問題解決に向かうどころか、
さらに貧困を助長させるという
結果を招くというのです。

この話を読んで、
ものすごく合点がいったのです。

僕は日本人相手に自立教育を
展開していますが、
そのポリシーの一つに、
「依存をさせない」ってことがあります。

昨日少し触れたこととも一緒ですが、
「佐々木さんの言っていることに
従ってさえいれば」っていう考えを
持たせない努力をしています。

二人三脚でも黄金習慣でも、
できる限り僕はアドバイスはせずに、
「問いかけ」だけします。

そして、問いの答えを自分で導き出し、
やってみて、結果をみて、
改善してっていう感じで
体験から自分で学び取る方向性を示します。

理由はシンプルで、
自分で考え行動し、
結果を出せるようになって欲しいからです。

依存させない。
自立させる。

「ソウル・オブ・マネー」の
著者が経験によると、
エチオピアやインドの貧困も
まったく同じようなのです。

弱者救済って発想は、
エゴイスティックな考えから
出ている可能性が高いです。

獲物を獲れないライオンに、
餌を与えても、
ライオンは飼育係なしでは
生きてはいけなくなるだけ。

獲物と捕り方を教え、
生き抜く力を身につけさせる
必要があるんですよ。

ライオンの例はわかりやすいけど、
じゃあ今の時代の人間にとって、
獲物を獲れるようになるって
どういうことなのか??

つまり「自立」って
どうなることなの?
どうすれば「自立」できるの?

これを明確にステップで
語れる人って、多分世界中探しても
いませんから、
そのくらい貴重な情報だって
自覚して以下読んでくださいね。

昨日、自己責任って言葉を
使いましたが、
この言葉を使うと出てくる反論が
「私はそんなに強くないんです」
みたいなやつ。

わかりやすく、
弱い人がどうすれば強くなれるかって
切り口で話しましょう。

あるいは、自信がない人が
どうやったら自信を持てるかって
いうのでも同じです。

まず、最初に

=======
自分が考えていることを
整理できるようにする。
=======

弱い人(自信がない人)は、
自分が考えていることを整理できません。

これはとにかく、
頭の中にあることを書き出すことです。
書き出しまくって、
それを癖にしてだんだん
思考を整理することが上手になってきます。

次に、

=======
自分が感じていること知る
=======

弱い人(自信がない人)は、
自分が感じていることがわかりません。

感じていることを言葉にできないし、
言葉にならないから自覚できません。

まず、自分が感じているんだって
事実を知ることから始めていきます。
そのために、これも書き出すことから
スタートです。

次に、

=====
自分の考えていることと感じていることを
区別できるようになる。
=====

感じていることが見えてくると
初めて考えていることとの区別が
ついてきます。

ここまで来たらやっと
他者とコミュニケーションが取れるようになります。
なぜなら、自分が考えていることと
感じていることが明確なので、
相手の考えや感じていることとも
区別が付くし、相手を理解できるようになります。

言い方を変えると、
自分の考えや感じていることが
相手に影響されてゆらゆら揺れなくなるってことです。

その相手とお互いにお互いを
理解できるようになっていくと、
自分の責任範囲と相手の責任範囲の
境界線を見極められるようになります。

これで「自己責任」ってパラダイム誕生です。

自立は孤立ではないです。
自己完結したコミュニケーションでは
自立していません。

さて、僕も支持する三宅洋平に
是非投票して欲しいものですが、
大多数の人は自分で言葉にできない
もやもやしたものを彼が代弁してくれているだけで、
応援したくなってます。

誰かのもやもやを代弁できる人に
なってください。
じゃないと獲物の獲れないライオンに
なっちゃいますよ。

誰かが社会を変えてくれる?
彼だったら・・・?

違います。
あなたがあなた自身が、
しっかり自立してくれなきゃ、
社会は変わらないのですよ。

だって社会は個人の集合体だから。

住み良い社会は、
自立した個人が発展性をもたらすから
実現するんです。

だから依存する人が自立していける
支援がある社会になるんです。

狂信と妄信では到底無理。
共振と猛進でお願いします。

今日は以上です!

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50
海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
 ↓ ↓ ↓