注目の記事 PICK UP!

2016.09.25

苦労する覚悟、失敗をしまくる覚悟が成功を作る。

おはようございます!
佐々木浩一です。

昨日のクイズの回答で、
是非シェアしたいなと思ったのが
一つありましたので、
ご紹介しますね。

ーーーー
佐々木さんが見た事ない
世界がそこにあるかも?と思われるから…

ですか?新境地が開ける…みたいな。

わたしの主人は自分追い込むの好きで、
『自分の精神が弱いのが解って
いるからカラダを鍛える』と
言って毎朝狭いマンション室内でトレーニング

その言葉↑には響かなかったわたしですが、
つい数ヶ月前にまた
『ホンっト、好きだよね~』って、
活性酸素が出過ぎやろっ!
って思いながら横目で見ていたら、

『コツコツこうやって
チャレンジしてくから
自分の事どんどん好きになる訳ょ』

と、その言葉にわたしは引っかかりました。
確かにあなた、セルフイメージ高いわっ!

で、わたしは今まで絶対やらなかった、
スクワットとかプランクとか
毎日やって丸2ヶ月になりそうです。

やってみて良かったー??ハマる(笑)
ーーーー

まさに「ビンゴ!」って感じですね。
僕がなぜ大嫌いな柔軟をやるのかの
回答がビンゴではなく、
この旦那さんの意図ですよ。

自分のことが嫌いな人は、
絶対に「自分との約束を守らない人」です。

普通に考えてください。

約束守る人は好きですか?
約束守らない人は好きですか?

自明ですね。
約束守ってくれる人のことが
好きなんですよね、僕たちは。
絶対にね。

で次にこんなことを言いだす。

守りたいのに守れない・・・。

これ違いますからね。
守れないような大きな約束を
自分としてしまっているからだし、
そんな傾向を持った人ほど
小さな自分との約束を軽視してます。

このズレと勘違いを正していくのが
黄金習慣です。

http://kyouikudekouken.com/morning/offer2

でさらにこんなことを言いだす人も
います。

自分が決めたことをやるのは
当たり前ですよ。
起きる時間決めて
朝のルーティン決めて、
やるだけなのになんで変われるんですか?

こういう人は
自分の目標や目標達成に向けた
自分の課題が不明確か、
全く持っていないかです。

なりたい自分があって
今の自分がいて、
なりたい自分になるための課題があって、

その課題を解決するために
チャレンジするわけです。

そのチャレンジは間違いなく
今の自分ではできないことです。
「できない」を「できる」に
変えていく作業ですね。

朝のルーティンは全て
今の自分から一歩前進した自分に
なるためにものですよ。

そこに昨日の自分を越えようとする
チャレンジがないのはおかしいですね。

このチャレンジをしている人だったら
毎朝のルーティンは
何のためにやってるかが明確ですし、
それに取り組んでいるから
自分がいつも成長実感を感じてます。

この辺の自分を知っていくプログラムが
二人三脚です。

さて、こういう基本を押さえてもらって、
今回のクイズに関して
話していきますね。

今回、回答を見させてもらって
気がついたことがあります。

いろいろな回答がありました。
僕の理由が何かって聞いて、
答えてくれたものが
本当にいろんな回答になったですね。

例えば・・・

・頑張る姿を娘に見せるため
・今から何かの競技で世界トップを目指すため
・明確な理由があるから
・今何か体の問題があるから
・未来の姿をはっきり描けるから
・柔軟は怪我をしないための基礎だから
・老化防止のため
・課題克服が楽しくなったから
・シニアの水泳大会に出るため

などなど。

いろいろでしょ?
本当に。

あっ、そういう見方もできるんだって
回答がいくつもありました。

で、思ったんです。

僕の理由ははっきりあります。
でも、クイズにして出すと、
回答者それぞれが想像して
僕だったらこう考えているはずだって
予測を立てた上で回答するわけです。

それって回答者が
「僕という人間をどう見ているか」
に沿って出てくるわけですよ。

でね、僕が面白いと思うのは、
この人は、僕という人間に
どんな投影をしているのかな
ってところ。

僕の興味関心はここになるわけです。

僕に期待することって
あなたにとって僕という存在を
どのように意味付けているかによって
変わってきます。

僕の存在への意味付けは、
確実にあなたの期待であって、
僕という存在とは切り離されてます。

だから、佐々木は
こういう人なはずだからっていうのは、
僕のことを指しているのではなくて、

あなたが勝手に見ている
あなたの世界における
あなた劇場のいちキャストの
佐々木というキャラクターを指しているのです。

だからね、
僕というキャラを
どう設定しているかにもよりますが、
少なからず何かしらの尊敬や
憧れや参考人物として僕を捉えている人が
今回の回答を送ってくれたとしたら、

そこに書いたことは、
その人が「自分自身に期待すること」
なんじゃないのかなあ、なんて
想像を膨らませました。

あなたはどう思われますか?

では、正解を発表します。
これは本当に個人的な理由だから、
正解者が出るわけもないのですが・・・。

現役引退してから、
いろいろな勉強をして
僕が結果を出せなかった理由が
わかりました。

で、その課題を見極めて
ビジネスのフィールドで
少しずつ成長できて
今に至るわけですが、

ある時思ったのです。

「もし俺が股割りができるくらい
体の硬さを克服できたとしたら
俺は本当に超一流になれるだろうな」

なぜかというと、

僕にとっては克服不可能だと思えるほどの
そして、そんなことしなくても
ビジネスとは関係ないしってことでもあるし、
って片付けられることであること。

僕という人間の完全な弱点で、
硬い自分としてではなくて、
硬さを克服できた自分としてって
領域まで自分を持っていけたら
すごい人間だよねって
思ったこと。

心と体は連動しているので、
体の硬さは心の硬さであること。

でも、心が硬いので、
一度こうと決めたら絶対に曲げないって
特徴が生まれるのだけど、
それは柔らかさを要求される場面では
対応できないということ。

もし体を柔らかくできたら、
武道の達人の域でもある、
「柔よく剛を制す」という
領域に入れるかもしれない。

ずいぶん前にそんな風に思ったんですよ。

で、ここにきて
これに取り組んでみようって
思えるようになったわけです。

ちなみに僕が始めた「ある習い事」は
ヨガじゃないですかって
送ってくれた方が何名もいましたが、
違います。ヨガじゃないです。

ヨガって僕にとっては
別に恥ずかしくないので。笑

ちゅうわけで、
最後に一言。

最近、僕の近況がベースとなった
メルマガが多いので、
僕が色々乗り越えた人として
捉えていただく人が多いのと、

僕が優秀な人間だから
今の結果を手にしているんだって
捉えている人が増えてきてます。

それは大きな勘違いです。

僕はただ「ひきこもり」だった
自分から成長しようと頑張っただけです。
アダルトチルドレンの常識知らずな
口先男が嫌で頑張っただけです。

起業してからも
明確な「なりたい自分」があって
それとはほど遠い自分が今いて、
一個ずつ課題を見つけて
取り組んでるだけです。

二人三脚1期を立ち上げた
2013年1月からたくさんの人が
僕のプログラムを受けましたが、
最初から今時点までずっと
そばにいて一緒に学んでくれている人は
一人だけです。

もちろん僕が未熟すぎて
離れていった人もいるし、
迷惑かけた人もいる。

それでも信じてついてきて
くれている人もいる。

何が言いたいかというと、
進化の成長は
その人が求める限り
永遠に続いていくのであって
ここでいいっていう到達点などないのです。

唯一到達点があるとすれば
それはその人がそこが到達点であると
決めた時です。

でも残念ながら到達点だと
決めたら、そこから先の
進化の成長はないです。

さあ、あなたはお金という
道具を使って、
あなたの人生をどのように
豊かにしますか?

僕たちには全員、
完全に公平なチャンスが
与えられています。

あなたはアフリカやアジアの貧困地域に
生まれたわけではないのです。

貧困地域に生まれた人に
可能性がないという意味ではありません。
そこに生まれた人より
恵まれた環境にいるってことです。

日本人として豊かな国に生まれています。
日本人の血を引くという時点で、
あなたがどう思っていたとしても
あなたの遺伝子は選ばれた遺伝子です。

つまり、あなたには
あなたがあなたの理想を実現するための
材料はすでに神様から与えられているんです。

それを生かすか殺すか、
全てはあなた次第。

それに気がつき
はじめの一歩を踏み出す機会を
作りましたのでご参加ください。

→お金と自由を手に入れる
http://kyouikudekouken.com/rcf2/lp/webinar_100116.pdf

今日は以上です!

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓

1 / 11

PDCAサイクルはもう古い!?

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

あなたの脳の使い方を診断しハイスペック脳に書き換えるリロードプログラムが無料体験できる

『RCFメソッド®︎徹底解説ガイド』

5万人突破

あなたが解決したい人生の問題はなんですか?  

独立起業? 夢の実現?健康? 家族や対人関係? 
様々な問題はありますが、それらの問題の種類は一切関係ありません。

たった7日間のRCF基礎講座で、あなたの目の前にある現実が変わりはじめます。

無料でメール講座、動画講座を受講できます。