おはようございます!
佐々木です。

さあ、今週末は母がオレゴンに来ます。
短い滞在時間でどういう体験をしてもらおうかと
あれこれ考えるわけですが・・・。

息子家族がどんな暮らしをしているのか
そのままを見ることが一番安心するんだろうなあ
なって思いながら、あれこれ特別感の
あることを企画するわけです。

母はビールが好きだから、
オレゴンは本当に最高の場所です。

かといってずーとビール飲んでるわけに
いきませんから、
娘のスケートの様子を見せたり、
普段の生活を見せることがまず
したことかな。

で、オレゴンの自然に触れてもらってからは、
ラスベガスに移動して、
シルクドソレイユ観て、
ベラージオ泊まって、
華やかなアメリカも体験してもらって。

こんな感じですかね。

あんまり忙しくするのも
気が休まらないから、
っていってもアメリカ滞在中は
気持ちは休まることはないでしょうし、
まあ、流れに任せましょう。

さてさて、今日はちょっとね、
文章書くのが苦手な人とか
行動に移すのが苦手な人に対する
メッセージです。

なで、僕のメルマガって
たわいもない小話から入ることが
多いのかわかりますか?

僕は毎日書くでしょ。
で、受け取っている読者も
毎日書けるってすごいなって思うはずです。

だから、きっと佐々木さんは
文章書くのが得意でなんて思ってるのでしょう。

まあ、母に聞いたらわかります。
僕は小学校中学校高校大学、
ぜーーーんぶ通して完全なる劣等生ですね。

国語のテストでガチで0点取ったことあるし、
文章読むなんて無理無理、書くなんてもっと無理。

だから努力でここまで持ってきたんですよね。
いつからチャレンジし始めたのかっていうと
22歳です。大学4年から。

だから20年やってきた結果です。

だから、書けない人の気持ちは
本当によくわかります。
で、同時にどうすれば書けるようになるか
僕ほどわかる人はいないかなって
おもうわけですよ。

だって、小学校時代の僕の状態は
もう完全にADHDですから。

もし、僕の運動神経が悪かったら
自分のアイデンティティーを確立できず
ダークな人生になってたこと
間違いないですね。

話を元に戻します。

なぜ、小話から入るのか?

それは、書くことが定まってないし
何書いていいかわからないからですよ。
だから、日記とかつぶやきみたいな
身近なネタをまず書き出してみることから
スタートするんです。

不思議なんですが、
脳というのは言語をアウトプットし始めると
アウトプットモードにスイッチが入るようです。

だから、書く前にスイッチを入れるんじゃなくて
書き出すことでスイッチを入れるんです。
運動前の準備運動みたいなもの。

メルマガ執筆前の準備書き出しです。
まったく関係ないことでもいいのですよ。
はっきり言って全然繋がりのないことを
僕だって書いてますからね。

で、その書き出しからスイッチが入って
フッと書きたいことが見つかって
それを書いていったら最後に、
準備書き出しの内容とつながったりします。

そういうの、最初から見えてるわけじゃなくて
書いているうちに勝手につながってくる感じです。

書けない人ほどなんでもいいから書き出す。
試してみてください。

で、これをヒントに、
行動できない人の対策も同じだって
わかってくると思います。

それを僕はベイビーステップって
いう言葉で表現しているのですよ。

行動できない人って雑です。
行動できないのに雑です。
雑だから余計に行動しにくくなります。

行動できる人は行動を大事にしてます。
だから行動できるように丁寧に準備したり
考えたり、段取りを組むんです。

準備することとか
丁寧にやることを
面倒臭いって思います。

あれ?
ちょっと待って、
面倒臭いっていうのは
やりたくないことに使う言葉でしょ。

つまり、行動しなくないんですよ。
やりたくないことなんだけど、
行動しなきゃいけないって思ってる。

やらされてるマインドです。
自分で選ぶって感覚すらなくて、
やらされてるって前提で全てをみちゃう。

まあ、このちぐはぐを直さないと
どこにも行けないんです。

まず、やりたくないのに
やらなきゃいけないって思ってる自覚を持って、
やりたくないからやってないのだと認めること。

自分の行動レベルでやってることと
自分の思考を一致させることが
最初の一歩です。

行動できない人は
「行動してない」が事実。
この事実が行動レベルのあなたの選択。

ここに思考を一致させる。
つまり、やりたくないからやってないと
認めること。

認めた次に
「じゃあどうすればやりたくなるの?」
って問いかけを自分にして
アイディアを出してみるんです。

そして片っ端からそのアイディアを試す。
うまくいくものが見つかるまで試し続ける。

もし、やりたくないって気持ちだけでなく
やりたいって気持ちもどこかにあるんだったら
それができるはずです。

予防注射の列に並んでる小学生みたいに
絶対に注射はやだって状態じゃない限りは
たいていの人はやりたい気持ちとやりたくない気持ちが
ごちゃ混ぜになってます。

で、やらない方を選択しています。

頭の中が整理されてない状態は
行動できないのが人間です。
混乱しているのに行動するときは
目をつぶって飛び込むかことくらいしかできません。

いずれにしても欲しい結果は得られません。

でも、こういう見方もできます。

先日、大阿闍梨の人の動画を見ました。
1000日苦行みたいな
超ドMな修行をやり遂げる人って
達成できなかったら自決するって
ルールだからできるんだと思いますよ。

いつでもやめて構いませんよ。
あなたの好きにしてくださ~い。
って条件であの苦行をやり遂げる人って
いないと思います。

退路を断つ。
これをするから本気になる。
これが自分の本気を出すコツですね。

僕が2011年3月に
「無謀なことやってやる!」って決めて
38日前にフルマラソンに挑戦することを
決めたときもそうでした。

38日後にフルマラソン走る!!
絶対にやってやる!
って決めました。

そのために、毎週末に自分の限界を超える
チャレンジをやるって決めました。
1週目の決めたゴールを絶対に超える!
って決めて超えたから、
翌週は自分の基準値が上がってるんです。

その上がった基準値から
また次の週末さらなる上のゴールを
超えるって決めて超えるから
またさらに当たり前の基準が上がるんです。

こういうチャレンジをしていくと
自分のキャパがどんどん広がります。

退路を断つ。終わりを決める。
覚悟する。決断する。
決めて断つ。

すべて同じ原理ですね。

人間には全員これができるんです。
神様は人間、いや生命体すべてに
決めて断つ力を与えています。

それが死です。

究極の終わりです。
そして100%死にます。
絶対です。

死があるが故に、僕たち人間は
決断できるんですよ。全員。

あとは、意識するかどうかですね。
真実を見るかどうか。
二度と来ないこの一瞬を意識して生きられるかどうか。

それは死があることを受け入れているかどうかだし、
終わることが前提で生きられるかどうかですね。

昨年ガンで亡くなった父より
先にステージ3のガンが見つかった母。
おかげさまで腫瘍マーカーは
正常値の範囲内に戻ってきました。

まずはオレゴンに来て、
次は娘のオリンピック観戦かな。

どうせ、いつか死ぬのですから、
生きている時間を可能性を追い求める時間にして欲しいなあ。

今日は以上です!

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス *



《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓