注目の記事 PICK UP!

2018.04.17

大切なものを破壊しようとする性質を持っているようだ。

おはようございます!
佐々木浩一です。

人間の心、そして精神を
深く深く探求する人生を
僕や僕の妻は生きているんです。

で、その探求した結果、
見えてきたことや、
探求の過程で経験してきたことを、
少しでもお役に立てたらって思って、
色々な形で皆さんに提供してきてます。

そんな活動を僕たち夫婦は、
もうすでに10年以上やってきてる。

僕たちが発信していることに
興味を持っていただき、
ありがたいことにプログラムを
受講してくれる方も
本当にたくさんいらっしゃいます。

その方達は、ご自身の人生を
少しでも良くしたくて、
あるいは、現在抱えている痛みや
苦しみをどうにかしたくて、
参加されます。

そして、本当にたくさんの方達が、
自分が持つ課題に気づき、
その課題に向き合って解決され、
創造的な人生を生き始めております。

その一方で、自分の闇に向き合うことを
極度に恐れて逃げ出す方も、
一部いらっしゃいます。

残念ですが、そういう方は必ずいて
僕たちには何もして上げることができません。
ただ、そのような方達にも、
僕たちなりに全力で関わらせていただき、
誠実に正直に、そして真摯に向き合っていくと、
逆に僕たちがたくさんの学びの機会を
いただけるので、本当に有難いことです。

さらにいうのなら、
そのような方達を通して、
僕たちの受講生もまた特別な学びの機会や、
学べることへの感謝の気持ちを
味あわせていただけます。

僕自身は、かなりドライな側面もあり、
自分の闇と向き合うかどうかは、
ご本人の意思で決めることなので、
仮に必死に関わってきた人が、
僕とした約束を果たさずに逃げ出したとしても、
それを選択した意思を尊重する気持ちが強いです。

そう思える理由の一つとして挙げられるのは、
僕自身が散々逃げてきたっていう
歴史があるからだと思います。

でも、妻は僕よりも感情移入するようで、
本気で関わってきた人が
僕たちの元から去る決断をした時には、
色々複雑な気持ちを味わっているようです。

妻は僕と違い、何事も正面から
向き合ってきた人なので、
どうして?って気持ちになるのかもしれません。

今朝、妻がFacebookに以下のような
投稿をしていました。
興味深い内容でしたのでシェアしたいと思います。

ーーー

とても辛い別れが立て続けに起こる。

その人たちは、
「あなたが一体私の何を知っているんだ。」
っていう。

そして、
自分にはこんなに素晴らしい教えがある。
自分はこんなに勉強してる。
自分はこんなこともこんなことも知ってる。
っていう。

私の側では・・私はあなたを知らない。
知ることは・・・
そんなことはもとより不可能だと思う。
はっきり言って、私はあなたの何も知らない。

生い立ちも知らなければ、
あなたの夫が妻が誰かも、仕事も、日常、
どういう生活を送っているのかも
全く知らない。

けれど、ただあなたが私の前にいて、
助けてほしい、と
言っているのだけはわかる。

そして
いろんな知識をこねくり回して、
私に「認めろ」と言っているのもわかる。

そしてそれら言葉に中に、
様々な内側の要素が現れて、
その内側の要素と、
外で体裁を繕おうとしている
その段差が手に取るようにわかる。
乖離が、分裂が、手に取るようにわかる。

だからこそ、私は、

「あなたの知識には興味がない。
上っ面だけの綺麗な言葉や
あなたの信じる教えにも興味がない。
というか、そういうものにどっぷり
浸かってはいけないと思ってる。

あなたの宗教にも興味がない。
もっと言えば、あなたが私を嫌おうが、
私を好こうがすら
そんなにここでは重要なことじゃない。

でもあなたの心の中から何が出てくるのかには
私は興味があって、
その心の中から出てきたものと、
私が向き合う時に
起こるべきことが起こることに
私はとても期待してるし、
あなたの手助けになると思ってる。

そしてそれが今のタイミングで起こるか
そうじゃないのか、
その相手が私でなければならないのか、
あるいはそうではないのか、
目を目を見て、向き合って
心と心で、話した時に
それが明らかになることの方が
私にとっては大事だよ。」

と、いつも思ってるし、そう伝えてる。

けれど、やっぱり最後の最後になっては、
逃げてしまう人というのが現れる。

心の底では渇望していて、
それが手に取るようにわかるからこそ、
私は「私には、この人に提供できることがある。
必ず手助けになるし、成し遂げれることがある」
と腹をくくって関わろうとするが、
するり、と逃げてしまう。

そして私は、同じことを繰り返しているんだな、
そうして逃げてきたんだな、
だからこうなってしまったんだな、
と感じ、また問いかけてみる。

「大丈夫だよ」と。

けれど、恐怖を感じ、
怒りを感じたその人たちは、
皆同じ行動をする。
相手を遮断して、牽制し、
さらに相手を悪くいう。

そして、安全な、自分にとって馴染みの深い
ふわふわとした世界に戻っていく。

私にはその人をくくりつけて、
「目をさましなさい」ということはできない。
だから、その人が私から逃げた時点で、
関わりは終わってしまう。
他人だからだ。

その逃げる口実がまた、とてもうまい。
皆様の幸せを祈っています。とか、
私は私の道を行きます。とか、
前は嫌いだったけど、今は好きです、とか、
ありがたく受け取らせていただきます。とか、
そういう見方もあるかもしれませんね・・・ほほほ。とか。

そういうことをまるで
「捨て台詞」のように言い捨てて
そして何食わぬ顔でブロックをかけてくる。

どうして怒らないんだろう。
どうしてちゃんと食ってかかってこないんだろう。

もしも私がこの人たちを否定した、
と受け取るとすれば、なぜ怒らない?
そのくらい、自分をもないがしろなのだろうか・・・?

そもそもが、変革や進化を求めて、
今の自分を変えたいと心から思い、だからこそ、
この縁が生じたのではなかったろうか?
そう受け止めていたのは私だけなのだろうか?

確かに、賢者たちは口を揃えてこういう。
自分の一番好きなことを選びなさい。と。
イチローさんだって、中田さんだって、
アインシュタインだって、大谷くんだって、
真央ちゃんだって羽生くんだって、
みんなみんな、自分のやっていることが大好きだ。

生き方を定めているから、
腹をくくって取り組んでいる。

だけど「好きなことをやって」いさえすれば
「それに苦しみや忍耐、変革、進化、挫折は、伴わない。
自分の未熟さに向き合わないでもすむ。
好きなことをやっていればとても
スムースで楽しい人生が待っている」
と考えるとすれば、それは大きな間違いだ。

みんなこれを間違えるから・・・
ちょっと壁にぶつかった瞬間に諦めたり、
「タイミングじゃなかった」とか
「私には向いてない」とか言って、逃げていく。

違うんだよ。

好きだから・・・
だからこそ、乗り越えられる幾多数多の、
その障害や、訪れるべくして訪れた、
「お試し」を受け入れ、取り組み、
そして乗り越えることができるんだよね。

原動力・・というか。

それが「好きだ、愛している」ということだと思う。
それを乗り越えた人に初めて
神は微笑むんだと思うんだけど。

人間関係だって同じことだ。

相手に対して不満を持っている夫婦から
相談を受けるとき、相談に乗る前に
私は聞くことにしている。
「愛していますか?」って。

好きでなければ、愛がなければ、
ひとかけらでもいいから、
それを見つけられないのなら、
そこから前には進めない。

それがないとどうなるかというと、
理屈が勝る方が相手を言い負かす、
という応酬になっていく。

そして心はどんどんと離れ、
相手の欠点だけが目につく関係になっていく。

そうじゃない。

愛があるから、いつでもそこから出発できる。
家族というものが素晴らしいのは、
それがあるからだ。

全てが愛の結果で、
全てが愛に根ざしているから、
だからこその、すれ違いだし、
反応だし、そして傷つくことが起こっていく。

師弟関係も同じことだ。

私は自分を先生だとは思っていないけれど、
少しだけ自分が人生を生きてきて
通り抜けてきたことが人様の
役に立つことを知っている、というだけの話だ。

それを抜けた時に、
ああ、こんな景色が人生には
広がっているんだな、ってそう、思えることが
本当に大切なことなんだ、って思っているし、

だからこそ、一人でも多くの人に
この景色を見せてあげたいって思ってる。
上でも下でもないし、偉くも、なんともない。
けれど、少しだけ、前を進んでいて、
こっちだよ、って伝えることはできる。

そしてそれを生業にして、
報酬をいただいている。
感謝をいただいている。

何万人もの人に触れ、
確かにこういう反応になる人は、
この5年間でも、片手で数えれるだけだけど、
それでも、深い関わりをしたからこそ、
悔しい思いや、残念な思いが残る。

悪く言われることで、
新たにまた、悲しみも生じてくる。
それでもまた、それでもまた、
私を、私たちを待っている人がいる。

それを私たちは知っている。

そう思い直して、仕切り直して、一歩を踏み出す、
日曜日の昼下がりです。

今日も素敵な1日を・・・
ありがとうございます。

ーー

まっすぐな人だな・・・・
これが彼女の魅力なのだと思う。
彼女から学ぶことが本当にたくさんある。

僕は今だにヘソが曲がっているし
あまのじゃくだし、
人生はすに構えて冷めた考えをしていた時期が
かなり長かったので、
こういうまっすぐな人間を見ると、
羨ましく思う反面、とても鬱陶しく感じる時も多々。笑

でも、そんな異質な性質に触れるたびに
僕が手に入れてきたことは、
僕の人生の中で本当に価値のある輝きを
放っていることは間違いない。

自分の考えや価値観だけで選択していたときは
絶対に手に入らなかった宝を、
僕は妻からいただいているんだよね。

これらは僕が自分の
アイデンティティに執着したり、
自分を手放せられなかったとしたら
絶対に得られなかったことだ。

自分を手放す時には当然大きな恐怖や
全てを破壊したくなるほどの強烈な怒りを
伴った対峙だったことは言うまでもない。

そんな時に僕を支えたのは
妻と娘に対する「愛と信頼」である。

アイデンティティというのは時に、
危機を感じると大切なものを破壊しようとする
性質を持っているようだ。

そんなことボヤーーと考えた移動中の新幹線でした。

以下、黄金習慣強化月間企画です。

===

「もしかして、5月6日のセミナーに
参加できないと、
この企画に参加できないって
思ってるんじゃないですか?」

というフィードバックをもらいました。

僕の書き方が悪いから、
そのように思わせてしまったかもですが、
5月6日に会場来れなくても
どんどん参加してくださいね。

以下、ユレナさんからのメッセージです。

ーーー

今回の縄跳びチャレンジ、
縄跳びなんて小学校以来というあなた、
中学の部活動以来何も運動していなくて、
いきなり縄跳びはハードルが高いあなたのために、
縄跳びを使いながらまずはストレッチして
体幹を鍛えるヨガに取り組んで、
縄跳びが飛べるような体づくりをしませんか?

例えば、縄跳びを足裏にかけて前屈をしたり、
縄跳びを半分に折って持ち、
腕をあげて揺らしてストレッチとか、
縄跳びを使って普段のストレッチに
少し負荷をかけて行うことができます。

動画で解説をするので、
難しくなく誰でも取り組むことができると思います。

できるところからちょっとずつ、
モーニングに縄跳びストレッチを
取り入れて一緒に頑張りましょう!

GW黄金習慣強化月間イベント
http://kyouikudekouken.com/pdf/2018gw.pdf

参加申し込み直リンク
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=455

今日は以上です!

朝刊にしょっちゅう出てくるRCFって何?
詳しく知りたい、学びたい人は、こちらから。
無料です。
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=385

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス *



《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓

1 / 11

「習慣を変えるのは難しい」と諦めている方へ

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが興味ありますか?

5万人突破

5万人突破

最新の脳科学を駆使したら、行動を変えることは簡単で、
誰でも継続の方法を知ってしまうと、習慣化は自動で起こります。

RCF徹底解説ガイド
メールアドレス  *
 半角英数