おはようございます!
佐々木浩一です。

昨日の朝刊にファミリーメンバーの一人から
苦しい告白のメールをもらいました。

僕や僕のコミュニティに
関わることが難しいと
考えているようです。

僕の返答は、以下のとおり。

人生って誰と付き合うかが
決めるんですよね。
良くなりたいのなら
良くなる人との関係を作る必要があります。

だから、ファミリーメンバーと関わってください。

僕にも必ず会いに来てください。
フィナーレやファミリーディナーです。

人間関係を変えるには、
生活の中での優先順位を変えることです。
誰と会うか、誰と一緒にいるかの
優先順位を変えなければ
絶対に人生は変わりません。

実行するかしないかです。
実行すれば、人生は大きく大きくシフトしますよ。
お金では絶対に得られないものを手にします。
それはお約束できます。

こんな返答をしたんですが、
お金では得られないものが
得られるって表現は、
ちょっと具体性に欠けるんで、
もう少し付け加えておきます。

僕が目指していることは、
日本人の精神を目覚めさせ、
世界のリーダーとして活躍してもらうことです。

精神を目覚めさせるってこの表現も
フワフワ系のスピ系に
思われるかもしれませんが、
めちゃくちゃ具体的な方法論を
実行することで達成可能です。

実際に、僕が作って来た
コミュニティにおいて
何をしてどんな結果になったのかを見たら
精神を目覚めさせるってことが
具体的に何をどうすることなのか
がわかると思います。

精神の強さとは、
意志、感情、思考、行動の
一貫性として現れます。

一貫性とは、ブレない軸と中心を
持つことで得られます。

木に例えるとわかりやすいです。

太い幹という軸は、
土の中に張り巡らされた根っこによって
支えられています。

津波が来てもビクともしない
強靭な耐久性は、
同時にしなやかさも兼ね備えています。

根っこの構造を見ると、
太い根が何本も枝分かれし、
最終的な先っぽは糸ほどの太さで
土をしっかり噛んでいます。

そのイメージをしていただいたら、
今度はその根っこって
人間でいうとどこにあるのかを
想像してみましょう。

根っこは心の中といってもいいし、
脳の中って言ってもいいですが、
根を張ってる状態ってどんな状態かなんです。

根っこの先端にある
無数の毛に相当するものって
人間でいうと「理由」です。

・誰のために
・なんのために
・どうなりたいのか

この3つが無数に存在している状態が
人に一貫性を持たせます。

人と深い心で繋がってないと
深くてブレない「理由」にはならないです。
なぜなら人って一人だと弱いし、
自分のためだけでは強く在れないのです。

まず、家族との強くて太い繋がりが必要です。
そして仲間。

僕のプログラムで作るのは、
「家族の力学」による愛と信頼の構築です。
そして、同時に仲間との絶対的な絆を
作っていきます。

そうやって集まったメンバー同士で
お互いの根っこを一本一本紡いでいきます。

そうやって作られた関係性が
基盤となった僕のコミュニティを
外部の人が見たときに
どんな集団に見えるのかというと、
それが高知のファミリーディナーで
ボランティアでお手伝いいただいた
地元の方達の言葉になるんです。

「いやいやファミリーの皆さんが来てくれたあと
あの場所の雰囲気がガラッと変わったがよね。

なんか場のエネルギーが上がったというか
浄化された感じで・・・」

と土佐弁でポツリポツリ話してくれたそうです。

この言葉は、先日の4月21日に
行われた山菜ツアーの案内人を
引き受けてくださった、
市議会議員で元村長の川村先生の言葉です。

長年あの場所の近くに
住む人の言葉なので
お世辞でなく実感されていることが
伝わりました。

僕もその言葉には本当にびっくりしました。
このフィードバックをいただいたとき、
僕がやり続けて来たことは、
間違い無いという確信を得ました。

そして、信頼と愛は精神を蘇らせ、
これから世界で活躍する日本人を
どんどん出していく土壌となるでしょう。

ファミリーメンバーの中に
確実に信頼と愛は育ってます。
メンバーに中でも繋がりを持てずに
いる人もいます。

冒頭で書いた通り、
誰と一緒にいるのか優先順位を変えないと
新しい繋がりは芽生えません。

勇気を出して一歩踏み込んで来て欲しいです。

さてさて、
こちらも確実に成長して来てくれている
島健との対決ですが、
日本時間昨夜無事終了。

軽く蹴散らせてやりましたよ。笑

ルール:3本勝負

1本目:
一重飛びで長時間継続した方が勝ち

島健が10分以上も飛び続けて
いい勝負でしたが、
まず佐々木が先勝。

2本目:
二重飛びの回数が多い方が勝ち

佐々木135回
島健83回
で佐々木の勝ち。

3本目:
両者が得意技を披露し視聴者が判定
(得意技は勝負直前に発表)

佐々木は三重跳びで23回。
島健は大阪発祥のグリコ跳びで
かなりの抜け感を披露。
多分、島健の勝ちかな。笑

正直、島健は黄金習慣に出会って
1年間で8キロの減量に成功し、
ここまで縄跳び飛べるようにしたってことは
ちゃんと練習している証拠です。

さすがです。

僕が勝った理由は、
5年間ボクサーとして選手生活を
真剣にやったってことと、
その土台があった上で、
それなりに体を動かし続けている
最近のコツコツがあったからです。

積み上げて来ている量の違いです。
努力は嘘をつかないってことです。

ただし、この1年間の本気度、
真剣度、そして追い込み具合は、
間違いなく島健の方が上です。
でないとあれだけ飛べませんから。

以下、島健からメッセージです。

「ほんとうに、皆さま、有り難うございました!!
声援があったお陰で、実は前跳びも二重跳びも自己ベスト更新です。
グリコ跳びも過去最高のキレでした~」

というわけで、次は・・・・

5月6日(日)13時半~16時

『脳と身体を10倍活性化する
究極の「動」セミナー』

申し込みはこちら
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=456

*島健との対決の際に、もう既に支払い完了した方も、
このフォームからの申し込みをしてください。

今日は以上です!

朝刊にしょっちゅう出てくるRCFって何?
詳しく知りたい、学びたい人は、こちらから。
無料です。
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=385

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス *



《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓