おはようございます!
佐々木浩一です。

先日の縄跳び対決をした
島健がとても深い気づきを
黄金習慣コミュニティにて、
シェアしてくれてましたので、
紹介しますね。

ーーー
先日の『なわとび対決』では、
たくさんの応援、本当に有難うございました。

今日は、まさに「対決」の真っただ中に起きた
いくつかの自己内対話と、
そこからの気づきについてシェアさせて頂きます。

この度の「対決」の内容については、
佐々木さんからの提案で決まりました。
提案を頂いた中のひとつ、
「どちらが、前跳び(一重跳び)を長く跳べるか」
という内容に関する事前の練習、
実は、かなり困難を極めました。

たったひとりで、時間の制限を設けずに、
なわとびを跳び続ける・・・
あまりに、ドMすぎる・・・
仮に、目標時間を設定したとしても、
その目標が適切なのか?

それすら分からない状況・・・
かなりの手探り状態でした。

そこで、私がチャレンジしたのは、
「3分飛んで30秒休憩」
このセット数をこなすというものでした。

そして結局のところ、対戦の前日まで、
5セットをこなすのが、
実は、精一杯でした。

つまり、練習では
連続して跳んだ時間は、
なんと、最長で3分だったのです・・・
ぶっつけ本番で、
10分を超える?ことができたのは、
まさに奇跡だったわけです。

それでは、なぜ?
そのような奇跡が起こったのでしょう。
そして、なぜ?
私は、最後の最後で、
踏ん張れなかったのでしょう。

まず、私がまさに跳ぶ始めようとした瞬間
「すぐに、ひっかかってしまったら?」
「情けない負け方したら?」
それまであった、不安は消え去りました。
「覚悟」が決まった瞬間だったのでしょう。

そこから飛んでいる最中は、
ひたすら呼吸に集中し、
安定して跳ぶことだけを意識していました。

応援に駆けつけてくれた、
KさんとYさんの
(佐々木ファミリーのメンバー)
声援をエネルギーにしながら・・・
しばらくすると、
苦しいポイントがやってきました。

ちょうどマラソンをやっている時に、
口の中が乾く感じです。

けれど、そのポイントを過ぎると、
身体は軽くなり、
跳び続けていることが
楽しくなっていきました。

皆さんからの応援を感じとりながら、
勝敗に執着することのない、
「今」という時間を、
跳んでいました。

だからこそ、
自分の限界以上のチカラを
出すことができたのだと思います。

というのも、
私が跳び終える少し前に、
私の後ろを通過する
スケボー?の音がし、
集中が途切れる感覚がしました。

そこから私の思考は
現実世界に引き戻され、
「佐々木さん、早く終われ」
そんな勝敗に執着したものへと
移っていきました・・・(笑)
そうなると、私の身体はどんどんと重くなり、
チャレンジ終了へとまっしぐらでした。

ー相対と絶対ー
これを実感した瞬間でした。

文章では
上手く伝えきれていないかもしれませんが、
これが私の「対決」における
大きな、大きな、気づきでした。

こうやってたくさんのことを信頼し、
「今」という瞬間を
ただ重ねていけばいいんだと・・・
このような気づきに辿り着いたのも、
『黄金習慣』を始めたからだと思います。

本当に自分の人生が大きく変わりました。

むちゃくちゃマイナスで、
ネガティヴな場所から、
とても心地よく、
爽やかな場所へと移り住んだ、
そんな感じです。

佐々木さんの朝刊にもあったように、
きっと、私の周りにいる人たちの「質」が
変化したからでしょう。

そんな人たちに
応援をして頂けたからこそ、
自分のベスト以上のモノを
引き出すことができ、
貴重な気づきを
得ることができたのだと思います。

そして、これは、
私だけの「特典」ではありません。
この『黄金習慣』に所属している、
全ての人の「可能性」なのです。

小さな自分との約束を守ることによって、
自分への「信頼」を育むことができます。

そして、自分が信じられるようになれば、
自分と関わる人や機会を
信じられるようになります。

そうなれば、しめたもの、
今という瞬間に身を委ね、
味わい尽くせばいいだけです。

そんな気づきを得た私は、
日々の小さな一歩から始まる、
偉大なる自分自身への旅を
心から楽しんでいきます。

ーーー

そうなんですよ、失敗って
きっと90%は自滅です。

実は最近1週間くらいで、
自滅する人が続出してます。
僕の朝刊でのメッセージが
逆にメンバーを追い込んでるようです。笑

自滅・・・

なんどもなんども繰り返してきたから
よ~くわかります。

本人が「やっべ~~マジで自滅じゃん」
って気づかないと救えないのですから、
厄介な症状です。

ボクシングやテニスの中継を見ていても
野球やサッカーの中継を見ていても、
こういう状況ってよく見えます。

対戦相手同士の力が拮抗していて、
どちらにも流れが傾いていない状況で、
あるいは、流れが相手に傾き始めている状況で、

強い選手、強いチームは、
落ち着いて相手とのコンタクトを
淡々と進めます。

淡々とやることができるかを
競っている感じです。

負ける選手、負けるチームは、
この拮抗している状況で、
自己信頼が揺らぐんです。

体力的に苦しくなったり、
アクシデントが起きたり、
色々な外的要因が内面を揺るがすんです。

そして、強い選手、強いチームは、
それを分かった上で、
相手を揺さぶりますね。

僕の修士論文が
「スポーツチームにおける
信頼に関する研究」でしたが、
そこで定義した言葉があります。

「チーム効力感」

自分たちはやれるって
信じている度合いです。
高校バレーボールの全国トップクラスの
チーム6チームを対象に研究しました。

そして、勝つチームを率いる監督は、
口を揃えて言います。

「信じてやり続けていれば
必ず相手が自滅する」と。

今回の対決ですが
僕の側で起きていたことを
少しシェアしておきますね。

縄跳びってミスが起こりやすいから、
勝ち負けは本当にやってみないと
わからないって思ってました。

だから、しっかり自分の体の感覚と
リズムに一体感を持ち続けることに
集中するようにしました。

島健が勝機を見出すためには、
1本目を勝つことです。
逆に言うと僕が1本目を勝てたら
僕の勝ちは間違い無いと思ってました。

だから1本目に集中してました。
3分程度で引っかかってくれると思って
飛んでいたのですが、
なんと10分越え~~。

体力は問題なくても
ミスがいつでも起きうる状況です。

5分超えたくらいから、
「島健、しっかり準備してきたな」
って分かったから30分でも1時間でも
飛び続ける覚悟を決めました。

時間への意識を捨て、
体の躍動、リズムと一体になることだけに
集中しました。

それでも、心の中にささやきが・・・

「負けたら・・・
ミスしたら・・・」

イメージ画像として、
足に縄が引っかかる絵が
一瞬脳裏に浮かぶ。

何度かそんな心の揺らぎが起きましたが、
さっと修正して集中するために
気持ちをリセットしました。

さすがに10分越えは想定外でしたから
2本目、3本目の体力に
かなり影響がありましたよ。

二重跳びは200回くらいまで
行こうと思ってましたが、
普段は130超えないと頭が痛くならないのに
100回超えたあたりから頭痛がし始め、
正直ヤベ~なって感じでした。

頭痛を押し切って回数重ねると、
3本目がほとんど機能しなくなるのと、
その日1日が完全にオフにしないといけないので、
正直な話、マジでどうしよう??って
ブレブレな感じになりました。

案の定、135回で引っかかりました。
二重跳びを島健がどの程度できるのか、
わからなかったから、
もしかしたら負けるかもって思いました。

が、島健のフォームを見て、
あ、これなら負けないな、このフォームで
100回越えは厳しいなってわかりました。

でも、粘る粘る。83回~~!!
すごいすごい。

3本目は僕は三重跳び。
ふくらはぎパンパン、膝がガクガク。
なんとか20回以上できたから、
面目躍如、佐々木は「それなりのレベル」で
やってたんだって知ってもらえたと思います。

この対決を通して改めて気づいたことは、
楽しみながらやるとリミッターは
外れやすいってことです。

一人でトレーニングしてると
無意識のうちに力をセーブし始めちゃうので、
勝負も時には重要だと思いました。

そして何よりも気持ちいい。
勝ったことが嬉しいし、
達成感も大きかったです。
この感覚は久しぶりに味わいました。

この成功体験を次に活かしたくなってきました。
さらに高い目標をセットしたくなってきました。

きっと島健もそうでしょう。
次の目標を設定しましょうかね。

と言うわけで、
5月6日は僕の縄跳びも披露します。
ゴールデンウィークで縄跳びに
チャレンジする人たちも成果発表します。

セミナーだけでは無いのでそちらもお楽しみに!

===========

『脳と身体を10倍活性化する
究極の「動」セミナー』

日時:5月6日(日)13時半~16時
場所:東京神田
参加費:5000円

申し込みはこちら
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=456

*島健との対決の際に、もう既に支払い完了した方も、
このフォームからの申し込みをしてください。

===========

今日は以上です!

朝刊にしょっちゅう出てくるRCFって何?
詳しく知りたい、学びたい人は、こちらから。
無料です。
https://39auto.biz/gracefulmoment/regires.php?tno=385

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス *



《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓