注目の記事 PICK UP!

2019.01.15

激ヤバ情報:「画面(スクリーン)」

おはようございます!
佐々木浩一です。

何年振りかで・・・
多分10年近く振りかで、
高校サッカーの模様をハイライトで
見ました。

今回の決勝戦のハイライトですが、
高校生のレベルは物凄い上がってますね。
体もできているしプレーの質も
明らかに違います。

これって僕の仮説では、
インターネットが発達したことが
大きく影響していると思います。

世界のトッププレーヤーの神技を
いつでも映像で見られるのですから、
最初にプレーイメージができるんです。

色々な選手のすごいプレーを
色んなパターンで見て
真似することから入れるのが
とにかくアドバンテージです。

そして、凄いプレーのイメージデータが
集まってくると今度は複合イメージで
新しいアイディアを自分で
発想できるようになります。

スポーツや芸能には、
インターネットは上手に活かす
ことができれば相当貢献しますね。

上手に活かせれば・・・
ここ凄く重要です。

上手に活かせないと、
つまりインターネットの動画の
負の側面を知ってないと
最悪のケースではサイコパスを
生み出してしまいかねない。

脳と体のことを知ったら
画面を通して脳に情報を取り込むことが
意味することが見えてきます。

子供と大人は違うってことを
親が知らないと本当にやばいことになりますから
子を持つ方は絶対に知っていてくださいね。

赤子から少年期までの間に、
スクリーンからの情報は
できる限り避けてあげてください。

自然にできるだけ触れさせてあげてください。

自然界にあるものは
例えば視覚だったら可視光線を
はるかに超える目に見えない刺激が
全部脳内に取り込まれます。

聴覚であったら、
鳥の鳴き声や風で木々が擦れる音、
水のせせらぎなどは、
人間の聴覚で捉えられない範囲の
周波数が全部脳内に取り込まれます。

無意識で処理されていくような
領域の周波数をちゃんと脳内に
蓄積していくことを
子供時代にができたら、
その子は本物と偽物を見分ける人に
なります。

脳内で最初につくられる原型が
その後の人生を決定します。

もし、自然から取り込むべき時期に
画面から取り込んだらどうなるか?

0と1に変換されたデジタルデータを
再合成した別のものを脳内に取り込み
そのデータで世界観を構築します。

これがどれほどヤバいことかわかるでしょうか?

例えば、
もうすでに木が何かを知ってる大人が
画面に木が映っていたら、
それを木だと認識します。

つまり、最初に自然界から取り込んだ
木のデータと照合して、
画面に映っているものが木であるとわかります。

ところが、真っ白な脳に
画面の中の木を見せても、
それは木ではなく0と1で構成された
木のような形と色に合成されてつくられている
ものなんです。

しかも実際に見ているのは
「画面」です。

これが原型になるんです。

色の周波数も音の周波数も、
自然界からは限りなく制限された領域しか
脳に取り込めないです。

その脳にとってバーチャルが本物となります。
つまり実態のない世界が
この世界だと脳に学習させて行きます。

いつでもリセット可能なものとして。

発達障害とか愛着障害とか、
外の世界と上手に関係性を構築できない
子供が増えている原因は
僕の考えでは「画面」だと思います。

40代50代の自立できない大人子供も
テレビ世代、ファミコン世代ですから、
大いに相関していると僕は思います。

画面が最悪。これは映像と音が
どんな内容であっても
脳が未発達の真っ白な赤子にとったら
悪魔の授業です。

子供の教育で一番やっちゃ
いけないことだと思います。

スマホやタブレットを
完全排除するのではなく
活用するんです。

だから、今日は冒頭に
高校サッカーのネタから入りました。

便利なものというのは
その裏に必ずリスクがあります。

便利であればあるほど
効果が強力であればあるほど
あらゆる作用にはどう質量の
反作用があります。

そんなの原発見れば誰にだってわかるでしょ。

昨日の朝刊で書いたことに
通じてきます。

デジタル端末を子供から取り上げ
森で野放しにして育てろ、、、、って話じゃない。
両方を知って両方の良いところを
選択していくのが人類の進化につながるんです。

二項対立で見るのではなく
万物には必ず正負の両面があるのだと知り、
正のの特徴を知り、負の特徴を知り、
自分たちの繁栄に向かう選択をするのです。

その選択の質が上がっていくことが
学び成長するということだと思います。
そのためにはまず体験して見ないとね。

でも、画面ばかりを見せて育てた子供に
そんな人生体験させて実験として
大人が観察するってわけにはいかないでしょ。

ということは、
僕ら大人は過去の歴史を
正しく解釈しないといけない。
もうたくさんの人がすでに体験して
起きてきた問題があるんだから、
それを正しく見て反省しましょうよ。

過去の出来事を正しく解釈できないと
学びはもちろん起きないし
成長も起きない。

むしろ、誤認を生み、
人間はますます愚かになる。

そう考えると人類が
戦争をやめられない理由、
対立をやめられない理由が見えますよね。

後世に語られる歴史は全て
勝者の側だけから記述されるからです。

正負の両面をしっかり見ないからです。

まずは、自分自身の思考を
正しく導けるようになりましょう。
そして家族の在り方を定めて行きましょう。
全てはそこから始まります。

戦争を批判する前に、
政治を批判する前に、
環境問題を批判する前に、
芸能人を批判する前に、

自分の思考の不調和に気づきましょう。
家族の関係性の育成に努力しましょう。

そのための、
自己内対話の分析メソッドだし、
対人的対話のスキルアップです。

===========

全国行脚セミナー企画

49%の職業が人工知能(AI)や
ロボットに乗っ取られる時代に
「仕事を失う人、仕事を生み出す人」

2月24日(日)15時~東京

申し込みは、以下の手順です。

1、以下サイトへ行って

詳細はこちら↓
http://nouwodamase.com/shigoto_seminar

2、「セミナー日程と申し込み」欄
からご希望参加日の「こちら」をクリック

3、専用申し込みフォーム
から申し込みして決済を完了してください
===========

LINE@始めました。

まだどんな発信していくのか
はっきり決めてないですが、
朝刊とも違う内容でお届けしようと
思ってますので、
どうぞご登録ください。

 

佐々木浩一公式LINE@
http://rcfpublishing.com/7day-th/

===========

 

 

今日は以上です!

 

 

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

 

 

RCFパブリッシング
佐々木浩一

 

===

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓

1 / 11

PDCAサイクルはもう古い!?

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

あなたの脳の使い方を診断しハイスペック脳に書き換えるリロードプログラムが無料体験できる

『RCFメソッド®︎徹底解説ガイド』

5万人突破

あなたが解決したい人生の問題はなんですか?  

独立起業? 夢の実現?健康? 家族や対人関係? 
様々な問題はありますが、それらの問題の種類は一切関係ありません。

たった7日間のRCF基礎講座で、あなたの目の前にある現実が変わりはじめます。

無料でメール講座、動画講座を受講できます。