注目の記事 PICK UP!

2019.01.31

ブレずにやり続けるとどうなるか?

おはようございます!
佐々木浩一です。

昔からある特徴を持った人に対して
「最低だ、こういう人間には
絶対になりたくない」
そう思ってきました。

どういう人かというと
「口だけの人」。

例えば、

・ケンカ弱いくせに意気がっている人
・自分はできないのにアドバイスしてくる人
・リーダーやったことないのにリーダーの文句いう人

そういう人がいると
「じゃあ、自分でやってみな」
って言い続けてきたように思う。

アベ首相に文句言うのなら、
普段の生活で何かしらの
問題提起をした上で、
自分以外の人たちの生活が
少しでもよくなる活動をしているんだよね?
って思うのです。

最低限、代替案を持っているのかと思って、
「じゃあ、あなたならどうするの?」
って聞くと答えられない人がほとんど。

せっかく代替案を持っているのに
自分が起点となって何かしらの働きかけの
行動していない人ばかり。

だったらやれよ、なんです。
実際政治家になって総理大臣にまでなってる
アベさんの方がよっぽどすごいですよ。

お金が全てではない。
そんな綺麗事を言う貧乏人がいます。
僕たち夫婦は貧乏な時から
お金が全てではないと思ってましたが、
本当にそうかはお金を持った後にわかるのだから
お金を持つことを選択しました。

やっぱりお金が全てではないです。
でも、お金は絶対にたくさん儲けた方がいいです。
できることが圧倒的に増えますし、
発言力も影響力も増しますから、
貢献力が圧倒的に変わります。

だから僕は「体現者」に
絶対にこだわって行きたい。

自分が教えを頂く人を選ぶ際も
基準は全てそこです。

体現者であるかどうかです。

能書きとか
ハリボテとか
もう一番嫌いです。

僕の世代は、団塊ジュニアですから
僕が育った社会の大人は、
「そう言ってるけど、
お前はやってんのかよ?」
って思わせる人が多かった。

尊敬できないんだよ、ほとんどの大人は。
そういう子供時代の怒りから
絶対に俺はそんな大人にならないって
誓って、社会の歪みを正す企画を
いっぱい考えて提案して、
誰も見向きもしてくれなくても
やり続けました。

30歳にも満たないガキの頃から、
ロスで母親支援のグループコーチングを
毎週末にやったり、

本物アートに触れることで
子供達の創造性を養えると思って
ロスの芸術家の先生と一緒に教室を
企画したり、

欲望の経済から、
貢献の経済へ移行しないとダメだって
企画書作って出資者に提案しに行ったり、

その行動のほぼほぼ全て、
否定され続けました。

「お母さんたちの助けになれるから
僕にクラスをやらせて欲しい」
と自分を売り込みに行った
ベテラン教育支援活動かの当時50過ぎだった
オバさんにはこっ酷く否定された。

「あんたなんかに何ができるの!?」

で、その人がやってることを見ると
何も根本解決にならない、
上部のことしかできないのです。

こういう悔しい思いを
本当に数えきれないほど経験しました。
そんな経験をする度に、
「クッソ〜〜今に見てろよ」って
思って頑張る力に変えてきました。

いつか必ず実績積んで結果出して
見返してやる。
そう思って当時は頑張りました。

2003年から2008年くらいまでかな。

ところがね、
2008年頃からちょっと
取り組み方を変えました。

自分で企画するのを一旦休止。
自分の基礎を徹底して鍛える方に
意識のフォーカスを変えました。

なぜかというと、
あることに気がついたからです。

「あれ、奴らには俺が能書きを
言ってるように見えてるんじゃないのか?」

確かにそうです。
生意気な口をきいてました。
今ならわかりますが、
それじゃあ伝わらないよねって
やり方を採用してました。

それで、社会や大人を否定するのではなく、
まずは社会や大人と同じ土俵で
つまり彼らのルールで戦ってみようと思ったんです。

同じルールの中で成果を出して、
ほらやっぱり僕の言った通りでしょって
誰の目にも明らかなやり方で、
彼らにも受け入れやすい方法で
見せて行こうって切り替えたんです。

法人営業の仕事についた頃です。

働いても働いても全然生活が楽にならない
サラリーマンの現実。
どんなに誠意を尽くしても、
理不尽な要求をしてくる客に頭を下げること。

立場をわきまえて、
身分をわきまえて、
慣例に従うこと。

そのような環境でも、
自分の役割は期待以上の結果を持って
全うすること。

命を削るようなチャレンジだったけど
今の僕をつくったのは確実にあの経験です。

「人って本来こうじゃないかな、
だったら学校ってこういう場所でないと
ダメじゃないかな。
会社ってさ、本来こういう場所だよ。
地域社会ってさ、児童相談所ってさ、
警察官ってさ、政治家ってさ・・・、」

今は少しだけだけど、
僕の考えを聞いていただけるようになってきました。

新たなフィールドで、
また既存のシステムの中に入って
内部変革を起こしていくべく働きかける。
そんな人生のステージに入った今、
そもそも俺は何のためにこんな活動を
やっているのか?という自分の原点を
思い出してみました。

根っこにあったのは、
子供の頃のあの怒りと、
若造だった頃のあの悔しさだった。

たまたま拾った動画ですから
すぐに削除されちゃうかもしれませんが。

【泣ける】出川哲朗 感動秘話。

https://youtu.be/R1ALziuti30  

===========

全国行脚セミナー企画

49%の職業が人工知能(AI)や
ロボットに乗っ取られる時代に
「仕事を失う人、仕事を生み出す人」

2月24日(日)15時~東京

申し込みは、以下の手順です。

1、以下サイトへ行って

詳細はこちら↓
http://nouwodamase.com/shigoto_seminar

2、「セミナー日程と申し込み」欄
からご希望参加日の「こちら」をクリック

3、専用申し込みフォーム
から申し込みして決済を完了してください。

===========

LINE@始めました。

まだどんな発信していくのか
はっきり決めてないですが、
朝刊とも違う内容でお届けしようと
思ってますので、
どうぞご登録ください。

 

佐々木浩一公式LINE@
http://rcfpublishing.com/7day-th/

===========

 

 

今日は以上です!

 

 

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

 

 

RCFパブリッシング
佐々木浩一

 

===

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓

1 / 11

PDCAサイクルはもう古い!?

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

あなたの脳の使い方を診断しハイスペック脳に書き換えるリロードプログラムが無料体験できる

『RCFメソッド®︎徹底解説ガイド』

5万人突破

あなたが解決したい人生の問題はなんですか?  

独立起業? 夢の実現?健康? 家族や対人関係? 
様々な問題はありますが、それらの問題の種類は一切関係ありません。

たった7日間のRCF基礎講座で、あなたの目の前にある現実が変わりはじめます。

無料でメール講座、動画講座を受講できます。