おはようございます!
佐々木です。

昨日は先生と稽古の時間でした。
また衝撃的な経験をしました。

背筋が凍りました。

僕はボクシングをしていました。
県代表で全国大会に出るくらいの
レベルでしたが、

バルセロナオリンピック代表で
アジアチャンピオンの先輩と
互角にできるくらいのセンスがありました。

ボディへのパンチって
来ることが分かっていれば
我慢できます。

ところが、
先生のかるーく出した裏拳を
体感して背筋が凍りました。

裏拳を受けた脇腹の表面は
全く痛くない。
でも妙な重さを感じました。

そして、3秒後・・・

えっマジで・・・

内臓の真ん中辺がジンジンし始め、
完全にボディが効いちゃった状態に。

こんなの反則です。笑

こんな人ともしボクシングの
試合をやっていたら、
外傷なしで内臓破裂です。

物理法則や思い込みの経験値を
見直していかないと理解できません。

こんな経験を重ねながら
思うことは・・・

「もっと謙虚になりたい」。

「心の構えを取り去りたい」。

「24時間365日この状態でいたい」。

普段、自分の心が本当に無駄な動きを
しまくっているって気付かされます。

“Empty your mind, be formless. Shapeless, like water. If you put water into a cup, it becomes the cup. You put water into a bottle and it becomes the bottle. You put it in a teapot, it becomes the teapot. Now, water can flow or it can crash. Be water, my friend.”

ブルースリーの有名な言葉です。

「心を空にして、形をなくせ、水のように。
もし水をカップに入れたら、水はカップの形になる。
もしボトルに水を入れたら、水はボトルの形をとる。
もしティーポットに水を入れれば、水はティーポットとなる。
そして、水は溢れ、そしてバラバラに砕けることさえある。
水になるんだ、友よ。」

動画です。
https://vimeo.com/3191188

心が構えるとき、
自然の流れに逆らい始めます。

あるがままであれば大いなる
自然の力を使えるはずの僕たちは
自らの作為で力を明け渡す。

きっと怖いんだね。
何がそんなに怖いんだろうって
思うけど、、、、

「大いなる自然の力」は、
僕たち人間の「本質」です。

頭で考えた結果、
僕たちはどんどん「本質」から離れ、
「本質」から離れれば離れるほど、
苦しみは増していく。

身体はすべてを知っていて、
身体で覚えていったら、
「本質」から離れることはない。

新しい「型」を習ったので
今日は反復して動きを覚えようと思います。

動きを覚えたら後は、
動きから感じるであろう氣を
何度も何度も感じて共に在るまで
やり続けるだけです。

今、僕がチャレンジしていることって
自覚を超えた世界に触れることを
通して、自我の枠を壊すことです。

信頼でいうなら、
自己信頼と他者信頼の先にある
世界を信頼するって部分です。

これは「有無を言わせず」の世界ですから、
身体で体験していくしかないし、
身体で示す以外にないので、
言葉では語れません。

これからもこのメルマガで、
前人未到の地に足を踏み入れた
月面着陸チームの実況中継のように
見える景色をレポートしていけたらと
思っています。

(別に僕が目指している世界は
前人未到でもなんでもないですが)笑

昨日の先生の言葉で
氣になることが一つあります。

「頭で考えることは偽物で
身体はひとつの答えしか示さず、
すべての矛盾を超える」

なんとなくしかわからないけど、
生きてみたい世界なんで
ちょっとマジで目指して
頑張ってみようかと思います。

まとまりのない、
落とし所もないですが・・・・
今日は、以上です。

では、

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから


佐々木への質問フォーム
  *  (山田)
メールアドレス  *
性別  * 男性 女性
所在地  *  国、都市名(アメリカ、ロサンゼルス)
匿名希望  *
お問い合わせ  *