注目の記事 PICK UP!

2016.03.16

自動操縦プログラムが向かう先をインプットする方法

thumbnail

おはようございます!
佐々木です。

連日、お知らせしていますが、
「二人三脚プログラム」新春キャンペーンで
潜在意識を書き換えていった卒業生を4人
このメルマガで紹介していきます。

その1人目は、
元税務署職員の二人三脚20期卒の男性です。

名前は根本さんです。

「二人三脚プログラム」で
自分の「根本(こんぽん)」を掘り下げた
根本(ねもと)さんです。笑

根本さんは税金を節約する裏技を
電子書籍出版されます。
まさにシーズンですから要チェックです。

で、その彼、
今まさに最後の最後、
追い込みで仕上げ作業に入っています。

さっきスカイプで最終確認して、
本のタイトルを変えることになりました。

元国税調査官っていうキャリアって
本当に権威性がありますから、
より多くの節税したい人に
お得な情報が届くように
タイトルをシャープに研ぎまくりました。

すごくいいものに仕上がって
きたと思います。

で、今日の話は、
まずやってみないと
何も見えないっていう話をしていきますね。

成功は潜在意識の自動操縦によって
達成されます。
自動操縦でない成功は、
失うのは時間の問題です。

なぜなら僕たちの人生は
自動操縦のプログラムが決めるので、
成功が自動操縦プログラムにそぐわない場合は
逸れた方向性を自動操縦プログラムが
修正します。

だから、僕たちは自動操縦プログラム自体を
自分が望んだライフスタイルに
向かわせる必要があるわけです。

で、自動操縦プログラム書き換えの
一番簡単な方法は、

やるって決めることだし、

決めたことで出てくる「現状維持マインド」
の弱音を把握し、

弱音自体が勘違いで、

その勘違いを取ると、
最高の人生になっていくことを
教えてあげることです。

なので、
やるって決めることから
全てが始まります。

ところが、

やるって決めて動くことができないって
また議論が堂々めぐりしてしまう人がいます。

それはこれまで話してきた通りです。

行動できないのは
不明確すぎるからです。

こういう人は、
往々にして「自分が本当に
やりたいことが見つからないから
本気で取り組めない」って思っています。

本気じゃないのですから
明確さが増すわけないですね。

自分が本当にやりたいことは、
本気で行動しやってみないと
絶対に見つかりません。

本気以外で取り組んだデータは
本気じゃない自分が導き出したデータです。
参考になりません。

本気以外のチャレンジは、
自分の魂がどの程度反応するかを
見極めるデータにはなりません。

で、根本さんの話に戻ります。

===========
なぜ根本さんは、
自分が本気になれる
根本にたどり着けたのか?
===========

行動し続けたからです。

最初の頃は当然チグハグしてます。

内側で持っている本当のエネルギーと
本人が思っている自分像が食い違っているので
出てくる言葉、表情、行動など、
すべてのアウトプットがチグハグでした。

では、どうやってそのチグハグを
矯正して自分軸をつくっていったのか、
以下にそのプロセスを要約しますね。

《行動事例1》

倍率の高い国家試験に合格し、
バリバリのキャリア官僚や
国税局税務職員になる。

決められた仕事をこなすことが
自分の本当にやりたいことじゃないって気がつく。

《行動事例2》

コピーライティングや
ダイレクトリスポンスマーケティングなど、
起業する方法を片っぱしから勉強したが、
ノウハウコレクター化してしまい、
結果が出せない自分に嫌気がさす。

《行動事例3》

「二人三脚プログラム」と出会い、
自分のチグハグさの根本原因を突き止め、
自分軸の矯正に取り組む。

《行動事例4》

僕の「戦略パートナー」の応募して合格し、
僕のプロジェクトを現場で手伝いながら
個別にフィードバックするなかで
自分の発信軸を固める。

《行動事例5》

公式サイトを立ち上げ、
ブログやFacebookページを立ち上げ、
自分発信をスタートした。

その結果・・・、

《行動事例6》

自分が提供できるものの中で、
もっとも世の中にインパクトがあり、
求めている人が多くて、
根本さん自身も「本気の本気」が出てくる
「企画(プロジェクト)」が
「明確」となりました。

この《行動事例1》から《行動事例6》って
相当はしょって表現してます。
なので、本人はもっとたくさんの
「アレヤコレヤ」を経験しています。

僕と関わるようになってからは、
(二人三脚の頃)
1年ちょっとです。

僕と関わってから前半は
とにかく「二人三脚」の手法を使って
自分の掘り下げをしてもらいました。

その中で軸になりうる素材が
本人にもいくつか見えてきました。

・自分のキャリア(元国税局調査官、元キャリア官僚)
・コピーライティング
・「わもん」

で、ここ半年くらいを使って、
軸の見極め作業に入りました。

僕は常々伝えているのですが、

・自分の人生経験は必ず1つのテーマに
沿って起こっている。

・だから、テーマが見えさえすれば、
複数に見える軸は必ず一直線上に並ぶ。

と。
これが自分起点で動き出すための
総仕上げの段階です。

で、この総仕上げの段階を
頭の中だけで見つけようとしても
絶対に見つかりません。

僕にはある程度は見えます。
でも、それを口で説明して伝えても
絶対に本人は納得できません。

自分の魂が「これだ!!!」って
思うためには、絶対に本人の経験の中から
本人が答を見つけないといけません。

その象徴となった場面をシェアしますね。

自分を売り出していくときに、

「自分は
誰のどんな問題を解決する人なのか?」

を20秒で簡潔に魅力的に語れないと
ビジネスで成功するのは厳しいです。

自分という存在が誰かにとって
どんな価値なのか、
シンプルにクリアに表現することが
最初の課題になります。

僕個人は、もうこれがダメで・・・
今だに「わかりづらい人」になってます。苦笑

根本さんは、
コピーライティングの人なのか
元キャリア官僚なのか、
元国税局調査官なのか、
本人はわからないのです。

実際に発信してみるまで。

発信すると反応が返ってきます。

反応がくると間違いなく
反応が良い方を選びますよね。

自分を表現するまで反応は得られません。
僕たちは自分が何者かを知るためには
絶対に周りの人のフィードバックからしか
知ることができないのですよ。

最後の最後、
二転三転、四転五転、
本のタイトルを決めるプロセスの中から
行動し表現していくことで初めて見える
「本物の自分像」が浮き彫りになりました。

以下、2つの本のタイトルを
見比べてください。

その際に、上記で話してきた
発信者となっていく根本さんが
一体どんな言葉で自分の発信コンセプトを
決めていったら良いのか・・・

悩みに悩んだという背景を
踏まえて見てください。

本タイトル変更前:

元キャリア官僚
元国税調査官が告白する
政府や税務署の残酷なホンネ

本タイトル変更後:

元国税調査官が告白する
税務署の残酷なホンネ

根本さんってどんな人ですか?

ってあなたが聞かれたときに、
上記の2つの本のタイトル、
どちらの本を書いている人だったら
簡単に簡潔に紹介しやすいですか?

当然後者です。
僕もこのメルマガで紹介するとき、
本を読んでなくても紹介できます。

僕自身も大変勉強になる
事例でした!

さて、その気になる税金対策ですが、
いつ本が出版されるのか?

僕がこのメルマガで紹介するように
根本さんから依頼を受けている期日は
18日の金曜日です。

それまで根本さんは寝ずに
最後の準備をしています。笑

さあ、実は今日はここまでが
ネタ振りです。笑

以上を踏まえて、
以下、大阪在住の男性からいただきました。

ーーーー
いつも楽しんで読ませていただています
覚悟つまり決めることの重要さは、
ひしひしと伝わりました

そこで、思ったのですが、
タイプにもよりますが
以前のメルマガにも、
お話しされていたかも知れませんが

本当にやりたいこと、
一番の欲求を満たしたいと思った時にしか、
本当の覚悟ができないのではないのかと感じています、

コアになるものがあるから、
エネルギーが溢れてくると思います

私の場合はまだ本当に
やりたいものを探せていないので、
やれる、やってきた、
経験での貯金を使っているような気がします

質問です、どうすれば、
本当の欲求を見つけることができるのでしょうか
ーーーーー

根本さんの事例を読んで
どう思われましたか?

まず、「無駄打ち」が必要で、
しかも、本気で「無駄打ち」しないと
まったく役に立ちません。

「無駄打ち」なしに本物を見つけることは
不可能だと思ってください。

理由は、本気以外は
本気じゃない自分が浮き彫りになる
データしか集まらないからです。

無駄などないってことですが
それを知って欲しくてわざと
「無駄打ち」って言葉を選んで解説しました。

次に、

僕でさえも「まだ」はっきりと
自分が本気になれるものを
見つけられてないってこと。

方向性は見えているので
進んでいるだけです。

僕自身もまだ見つけている途中なんです。

それを聞いてどう思われますか?

「本気でやりながら見つける」
もんなんだなって
わかってもらえますか?

今日は、以上です。

さあ、18日(金曜日)に
二人三脚プログラム20期卒業の
根本さんの本は本当に紹介できるでしょうか。

根本さん最後の追い込み頑張って下さい!

さて、その他にあと3人いらっしゃいます。

どの方も例外なく、
今日紹介した根本さんのように
試行錯誤の連続で自分の発信軸を
見つけてきた人たちです。

2人目:女性らしさを引き出すダンスインストラクター3期卒

4月に都内で女性限定で
実技&セミナーを開催します。

3人目:栄養士で食のエキスパートの女性20期卒

美と健康の結論をPodcastで
伝えていきます。

4人目:フロリダ在住のジャズ歌手11期卒

6月に日本でライブツアーやるそうで、
その告知とともに語ってもらいます。

やりたいことがあるけど
具体的な行動に移していけないとか、

まだ何がやりたいかはわからないけど
今のままではダメだって
魂に急かされている方は、
二人三脚プログラムは絶対に参加です。

「二人三脚ってどんなプログラムなのか?」

20日から募集をスタートする予定の
二人三脚新春キャンペーンですが、
募集用のPDFのリンクを貼っておきますので
今のうちに確認しておいてください。

http://kyouikudekouken.com/nininsankyaku/nininsankyaku_2016spring.pdf

では、

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから


佐々木への質問フォーム
  *  (山田)
メールアドレス  *
性別  * 男性 女性
所在地  *  国、都市名(アメリカ、ロサンゼルス)
匿名希望  *
お問い合わせ  *
1 / 11

PDCAサイクルはもう古い!?

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

最新脳科学が明らかにした今までとまったく異なる成功サイクルが遂に公開

あなたの脳の使い方を診断しハイスペック脳に書き換えるリロードプログラムが無料体験できる

『RCFメソッド®︎徹底解説ガイド』

5万人突破

あなたが解決したい人生の問題はなんですか?  

独立起業? 夢の実現?健康? 家族や対人関係? 
様々な問題はありますが、それらの問題の種類は一切関係ありません。

たった7日間のRCF基礎講座で、あなたの目の前にある現実が変わりはじめます。

無料でメール講座、動画講座を受講できます。