おはようございます!
佐々木です。

ちょっと虫の居所が悪いです。
今日は発散させていただきますので
ご容赦ください。

こんな報告を妻から受けました。

いつ誰から来たかは知りませんが、
以下のようなメッセージを
妻に送ってきたようです。

佐々木さんが一人で苦労した話しかない。
どうやったら、家族3人、ロサンゼルスで
弁当配達だけで養って、暮らしていけるのか、
嘘でしょう、って思う。

だから、奥さんも働いていたはずなのに、
そういう話は全くなくて、
自分だけ苦労したことばかりで。

奥さんも大変だったのに、
働いて家計を助けていたはずなのに、
グレイスさんの話とかみ合わない。
どうしても佐々木さんだけ
自分だけ苦労した話になってるのか?

それはそれで事実だろうけど、
読んでいて、いい加減、奥さんは?って思う。

それに対して妻はこう答えたそうだ。

もちろん、カヤも含め、
3人で頑張ったんですが、
佐々木は自分なりに
思うことがたくさんあったんだと思います。

私たちが一緒に共に苦労を
分かち合ってきたのは、
まぎれもない事実で、
それは佐々木もわかっていると思いますよ。

と。

こんな問い合わせをしてくる奴に
えらい腹が立つ。

何を勘違いしているんだから知らないが、
自分で苦労したことないから
片方からしか物事を見れないんだよ。

いいか、常々言ってるけど、
俺は時給6ドル75セントで、
朝3時から毎日働いてきたんだよ。

家族3人で食ってくために
すずめの涙ほどの小銭を
大変な思いをして稼いだ。

不法労働から社会的弱者。
どんなに頑張っても月1000ドルだよ。
月1000ドルでどうやって
家族3人暮らしていけるんだよ。

3人で力合わせてサバイブしたに
決まってるだろ。

妻は当時グリーンカード。
日の当たる場所で働ける。
だけど、俺がレストランくらいしか
働ける場所がないから
水商売をやって夜働いたよ。

稼ぎは俺の3倍以上。
2人の稼ぎを足してやっとだよ。
なぜなら妻には借金があったら。

乳飲み子抱えて男に捨てられ、
帰ってくると信じてなんとか
クレジットカードで食いつないで。

この人たちと一緒になると決めて
親が俺のためにためてた定期を
解約させて当面の生活費にあてたよ。

こいつらを幸せにしたくて、
お金をいっぱい稼ぎたくて、
起業するために挑戦し続けたよ。

でも結果出なかった。
収入はちょっとずつ上がるけど、
妻より多く稼いだことなんて
一度もなかったさ。

3度起業に失敗し、
失敗のたびに課題を見つけ、
その課題を解決できる職に変えた。
そうやって10年必死に頑張ったさ。

その間、なぜ娘がスケートができたか?

そんなの奥さんが俺よりいっぱい
稼いでくれてたからだよ。
当たり前だろ。普通の算数だよ。

俺の稼ぎじゃ家族養えないの。

それが悔しいし腹たつし、
虚しいし、どうしても許せなかった。
もっと良い暮らしさせてやりたい。
そう思って諦めずに頑張ったよ。

10年だよ10年。
頑張っても頑張っても成果が出ない。
生活が楽にならない10年。
挑戦し続けても何も変わらない10年。

俺ってダメなんじゃんって
何度思ったことか。

そんな俺が腹くくって覚悟して、
最後の挑戦をしたのが、
2012年12月だったんだよ。

それは俺の側から見た
苦労した10年の軌跡だよ。
妻の側からは全く別の苦労した現実がある。

俺みたいな精神年齢の低い
社会不適合者と一緒にいるんだから。
不器用なくせに人から指図されるのが
大嫌いで全部自分で体験し失敗して
自分で掴み取らないと気が済まないんだから。

上記のような質問をしてくるような奴には
絶対に無理なタイプの人間だからね。
妻が我慢してくれてなきゃ、
今の俺がいないのは当たり前なんだよ。

そういうことちゃんと今までも
折に触れて伝えてきている。

俺が発信している全部を
見ているわけでもなくて、
自分勝手に拾い上げた情報だけを
まるで真実であるかのように知ったかぶりして、
すっげー腹が立ったわけ。

なんてことを思ったんだけど、
これって先月亡くなった父の気持ちと
全く同じだったんだろうって思う。

俺の場合は2012年に
努力が報われる瞬間を迎え、
次のステージに入った。

でも父は俺が過ごしたような
苦労の連続の10年を、
母と結婚してから死ぬまでやったんだ。

父の場合は、病気と闘いながら
成功を目指す毎日だった。

絶対に大丈夫、絶対に良い暮らしさせるから、
そう言い続けて、でも結果はいつも同じ。
稼ぐ額が増えたら使う額も増える。
母にかかる負担は減ることはなかった。

かれこれそんな生活を40年。
俺の4倍かあ。

亡くなる数日前、見舞いに来た母に、
「痛い、、、悔しい、、、」って言って、
泣いたそうです。

亡くなった朝、担当の看護婦も
「家族に迷惑ばかりをかけて
本当に申し訳なくて・・・」って
泣いてたんだって。

悔しかったんだよね、わかるよ。
無念だよなあ、わかるよ。

俺は泣いてる父の姿なんか見たことない。
いつも元気で笑っていて、
前向きな父しか見たことがない。

一人で抱え込んでたんだね。
一人で悩んで一人で頑張って。
結局最期も一人で逝っちゃって。

親の生き様が染み付いてる俺は
その呪縛から抜け出すために
10年頑張ってやりきった。
結果も出て今は次のチャレンジをしている。

こういう話をなぜ俺がするかっていうと、
本当に多くの人たちが、
核家族で中流階級で苦労している箇所が
似ているから、そこからどうやって抜けたのかを、
できる限り自分目線で記述すれば
ヒントがいっぱいあげられるって思うから。

なんか何を分かったつもりに
なってるんだか知らないけど
変な奴から来たメッセージを
このタイミングで妻から聞いた報告に
すげーー原辰徳。

戦後生まれた団塊世代の人生の典型。
戦後の日本を必死に支えた世代の人生です。
終戦記念日を前に日本中の苦労した人に想いを込めて。

最後にお知らせです。

8月19日(金)19時は、
都内で「正しい食生活セミナー」を
開催します。

父は亡くなりました。
母は元気です。
妻は不治の病から生還しました。

「あの瞬間」の選択が明暗を分けたんだ、
という分岐点がありました。

どんなに正しい知識を持っていても、
「あの瞬間」に選択を誤ると、
もうドミノだおしのように、
死に向かって行ってしまいます。

ロス時代、妻の友人の一人が、
若くしてガンで亡くなられました。

この方、マクロビを教えるほどの人。
いざ自分がガンと診断された瞬間、
なぜか現代医療にすがり
あっという間に亡くなりました。

生死を分ける選択を
なぜ見誤るのか?

そこには深い深い心に刻み込まれている
信念の影響があります。

僕が伝える健康の概念は、
ちまたのエセ健康法とは違います。
本質はRCFです。

僕らの中心にあるのは愛です。
この愛との断絶からすべての不調和が
起こります。

中心である愛に向かい直さないと
病気は改善していきません。
症状を抑えてもいずれまた
別の場所から別の症状が出ます。

理由は、最初にボタンをかけ違っているから。

こういうことを問い直さないと
健康論は完全に片手落ちです。

19日にお会いしましょう。

正しい食生活セミナー
http://kyouikudekouken.com/pdf/081916lp.pdf

今日は以上です!

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
 ↓ ↓ ↓