おはようございます!
佐々木浩一です。

30分おきにうがいしたおかげで、
昼頃には喉の腫れもひき始め、
痛みも軽減、今日はすっかり元どおり!

窒息死するんじゃないかってくらい腫れたから
ちょっと焦りましたが、
回復してよかった!

今日はジムに行けます!

先日、フェイスブックのフィードに
3年前の今日の記事が出て来てました。

14日間プログラムがで少しシェアした、
ガンで死んだ親友に関する記事でした。

2008年に彼は亡くなりました。

一周忌を終えた後、
彼のお母様からこんなメールをいただきました。
そのメールに僕が出した返事とともに
まずはご覧ください。

ーーー

皆さまお変わりございませんか。
息子Mが旅立ってから一年
先日一周忌の法要を行いました。

昨年は佐々木さんにも遠い所からお参り頂き
感謝しております。

こちらにいらした時の写真
大変遅くなっりましたが 送らせて頂きました。
頂きました名刺をしまい忘れてしまいこんな時期に…。

あとこちらにいらした時
佐々木さんと三人で食事を済ませた後
ソファでお話しして居ました時
突然オルゴールが鳴りました事
覚えていますでしょうか?

私も主人も大変驚きました…そ
して二人とも同じ事を思って居ました…
息子が佐々木さんに感謝の気持ちを
伝えたかったのではと…

写真にも写っている
チェロを持つ猫のオルゴールです。
チリンとちょっとなり
その後二回鳴り続けました。

このオルゴールは何ヶ月も鳴らした記憶もなく
お掃除の度はたきをかけたりして動かしておりました。

そんな事で 佐々木さんへの感謝の
メッセージと確信しております。
鳴りました時は ただただ驚き
言葉に出せませんでした。

この様な事話しして良いかどうか迷いました…
もしかして 迷惑な事だったら お許し下さいね。
またもう一枚の写真も送信させて頂きます。
それでは どうぞお元気でお過ごし下さい。

ーーーー

・・様

メールありがとうございました。
そうですか。もう一年になるのですね。
実は、僕も同じことを考えておりまして、
日本滞在中に書いた日記にそのことを記しておりました。

以下、私の書いた日記ですが、
読んでいただければうれしいです。

では、お元気で。北海道に行った時は訪ねさせていただきます。

佐々木

「北海道日記」
-壮絶な闘病生活を聞かされて-

今回の帰国日記も、これで最後。
どの体験もとても大きなものだった。
最後のこの話、書こうか迷ったけど、
でも書くことに決めた。

今年6月、彼は死んだ。
僕がアメリカに来て、最初に仲良くなった彼が
突然ガンで死んだ。彼に会いに行くため、
北海道の彼の実家を訪ねた。
ご両親に挨拶し、お母さんから
最後の彼の死に様を聞かされた。

実際にガンになった人間にとって、
今の医学の世界はどのように見えるのだろうか?

医者を信頼しすべてを任せ、
三大治療と共にガンと闘う人。
ガンについて徹底的に自分で調べ、
現代医学の矛盾に気がつき第3の道を探す人。

インターネット発達で
様々な情報にアクセスできるこの時代、
氾濫する大量の情報の中から真実を見出すなんて、
僕たちは本当に出来るのだろうか。

病気になった本人にとって、
何を信じたらよいのかわからない混沌とした世界。
彼もその迷いの中にいたのだということを、
お母さんの話から聞かされた。

お母さんの話を聴いている間、
突然、鳴るはずのないオルゴールが鳴り始めた。
「あれ?」と不思議そうにオルゴールのある
戸棚を振り返るご両親。

すぐに鳴り止み、気にも留めず、
ご両親が話し始めると、
またオルゴールが鳴り始める。

「来てるな彼」僕は確信した。

今回、彼の実家には必ず行こうと思っていた。
彼がガンで闘病生活を送っていることを
今年5月に本人から来た長いメールで知って、
僕はフルボ酸を北海道に送った。
すぐに送ればよかったのに、僕はぐずぐずしていた。

彼の元にフルボ酸が届いたときには、
もう彼は逝った後だった。

「かなりやばい。アメリカから気を送ってくれ」
たった1行のメールが最後だった。

「ガン克服して、世界中のガンで
苦しんでる人を励ましに行こうぜ、
約束だからな。俺と一緒に行くんだからな」

僕はこんな約束を彼としたけど、
彼にとって励みとなったのだろうか。

彼のお父さんがこんなことを話してくれた。

「あるとき、ほとんど意識がない状態
にもかかわらず、突然、
『彼と約束があるんだ、彼と約束が』そう言って、
ベッドから起き上がろうとしてね。
彼って誰のことなんだろうか?」

僕はすぐに、僕との約束だと思った。
でも、約束のこと、ご両親には言えなかった。

「佐々木さん来てくれて、本当に良かった。
でも、なんかこうやって息子のこと
尋ねてきてくれる人、
佐々木さんで最後のような気がして。
なんかそんな気がしてね。寂しいな。」

お母さんの言葉が、重く僕の心に今も残っている。

朝、静岡の実家を出発し、
函館に夜の7時頃着いた。
一泊して、朝7時に札幌に向けて出発。
10時半到着。午後1時までの
ほんの2時間あまりの訪問だった。

帰りの電車がやけに長く感じた。

死。
生。

生きる喜び。そして感謝。
15日間の短い日本滞在。

これほど濃密な時間をすごしたのは、
初めてかもしれない。

ーーー

今、僕は彼との約束を果たす毎日を送ってます。
2008年に強い決意をしたけど、
結局、2012年の12月まで本気で生きられなかったです。

やりきれない自分を何度も責めました。
死んだ人間の意志を引き継ごうと
生きている自分が頑張ろうとしているのに、
すぐに負けてしまう自分が
悔しくて腹が立って。

でも、諦めずにやった。
僕にできることはこれしかないから。

本当に苦しかった。
彼が死んでから2012年までの
4年間は。

僕の原点はここかな。
僕が絶対に諦めない理由の一つです。
家族以外にもこうやって約束したことを
守ろうとする意識で今の僕は動いています。

====

ワーーイ。

気がついたらこんなことに。

佐々木の電子書籍
「眠れないほど楽しい毎日を
明日からスタートさせる方法」が
アマゾンランキングで、4冠タイトル。

新着ランキングには
「脳ダマ」シリーズ第6弾も
3位に入りし、2冊がランクイン!!!

嬉しいです。
ご購入頂いたあなたに感謝です。

世の中の誤認を一緒に解いていきましょう。
誤認を解くだけで人生はハッピーです。

ん?

ってことは、アンハッピーな状況って
勘違いや思い込みからくるの?
はい、残念ながら。笑

せっかく頑張っているあなた。
頑張ったことが実るように
誤認解いてくださいね。

電子書籍も大きな「きっかけ」を
与えてくれます。

どうせ買うなら、
99円のうちに買ってください。

==========

脳をダマせ!Vol, 6
『人生の主導権の取り戻し方』

- 「頑張り方」を知らない人に送る
一番スマートな人生攻略法 -

http://amzn.to/2jo2UQ7

『眠れないほど楽しい毎日を
明日からスタートさせる方法』

- 原理原則を知ってしまえば
全自動で人生はうまくいく -

http://amzn.to/2iK2piV

===========

今日は以上です!

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス  *  半角英数 

《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓