おはようございます!
佐々木浩一です。

・誇示(こじ)=誇らかに示すこと。自慢して見せること。

・誇張(こちょう)=実際よりも大げさに表現すること。

・自負(じふ)=自分の才能・知識・業績などに自信と誇りを持つこと。

・自信(じしん)=自分で自分の能力や価値などを信じること。

・自重(じちょう)=自らを重んじること。自分の品性を保ち、卑下しないこと。

・自尊(じそん)=① 自分で自分を偉いと思い込むこと。② 自分の人格を尊重し,誇りをもち品位を保つこと。

似たような意味の言葉ですが、
それぞれ意味が少しずつ違いますね。

多くの人って自分目線で
世界にあるものを評価判断しますが、
その自分目線を外せると
他人の思考、感情、行動が見えるようになります。

さらに、他人の分析データが積み上がると
他人の思考、感情、行動の背後にある
深層心理が見えるようになります。

その人が使う言葉を見たらわかるようになります。

僕はこのスキルを磨いてきたから
これを人様のために役立ててます。

というネタ振りから今日の本題に入りますね。

僕は過去に他者から
もらったフィードバックで
印象深いものがいくつかあります。

一つは大学、大学院の恩師。

僕の修士論文の学内でもらった評価について
学閥があるせいで正当な評価がされてないって
思っ切り愚痴ってた僕に対して、
恩師が一言。

「あれがお前の限界で
あれ以上はもうないのか?」

ハッとさせられました。

認められてない、理解されない、
評価した人間は間違ってる、
そんな過去の感情的な不満に囚われている
自分に気がつき、

結果を受け入れ、
結果が示してくれている自分の課題を見極め、
次に行けばいいだけなのか、
と学びました。

もう一つは、起業当時のビジネスの師匠から。

僕が自己否定の感情にとらわれ
自分なんかがこんな場所でこんな立場で
いさせてもらっていいのか?
邪魔しないように迷惑にならないようにって
引っ込み思案になっていた時に、
師匠から一言。

「目の前の人が何を望んでいて
どんなことに悩んでいて、
何をしてあげたら助けになるか、
何をしてあげることで役に立てるのか、
必死に考えてそれをただやるだけなんだよ!

俺はそれを毎瞬毎瞬やってるだけだ。
お前はそれをやってるのか?」

ぐうの音も出ない。

「まずは笑顔だろ・・・。」

泣きましたね。
自分のことしか考えてない自分に
気づかされ、できることがあるのに
それをやることにすら意識が向いておらず、
情けない状態にとどまる選択をしている自分に
喝を入れられました。

笑顔・・・確かに、それだけでも人を助けられる。

もう一つは、武道の師匠から。

僕がアメリカで
どん底から這い上がってきたことと、
這い上がって結果を残したことに、
無意識のうちに『誇示』する意識が
働いていた自分に
武道の師匠から一言。

「『自信』がないんじゃないの。
もうそれはいいんじゃない。
佐々木くんの原点はロス五輪のあの光景から
世界に設定されチャッれるんだから
世界取らないとダメだよ。」

日本人を世界のリーダーにと
ミッションを掲げている自分と
普段の自分の在り方にギャップがあることに
気づかされた瞬間でした。

以上3つの出来事がとても印象深く
残っています。まあ他にも色々ありますが、
今回はこの3つを取り上げてみました。

どの場面も、僕にとっては大きな
ブレイクスルーを起こした出来事です。
でもそれは同時に僕の捉え方一つで、
ブレイクスルーどころか
成長のチャンスをぶち壊すことすらできたことです。

例えば、最初のケース。
大学院に入ったのは生まれて初めて
本気で勉強したいって思ったから、
2浪してまで入ったんです。

ライフセービングクラブを全国一にしたり
論文の内容も僕の所属する社会科学系では
過去最高の出来だったし、
思いっきり成果を上げたっていう
『自負』がありました。

にもかかわらず、学閥のせいで、
正当な評価がされていないと思い、
『自尊』心が傷つき、
僕の感情は、悔しくて涙を流すほどでした。

で、この感情の状態で、
一番評価して欲しい恩師に、
「よくやったよ」って言って欲しい人から
ちょっと厳しい言葉をかけられたんです。

「あれがお前の限界か?」
って言われた瞬間、
「全力出しましたよ、精一杯やりましたよ!
でも、あの評価はおかしいですよ!!」
って固執したらどうなったでしょう。

自分を正当化するばかりだったら?
成長しないよね。
事実は事実、課題は課題、
あの時ちゃんと見れたから、
あの出来事はブレイクスルーだったんですよ。

起業に成功した僕に
「自信がないんじゃないの」って
言ったあの瞬間だったそうです。

強がって突っ張り返すことはできたでしょう。
「何~~!!」って感情になることもできたでしょう。

でも、素直にそのまま受け入れて、
「ん??かもしれない・・・」って
自分を内観したから『誇示』している
自分の状態を見極められたんだと思います。

その瞬間の選択が
成長機会になるか
自己正当化になるか、
決めてるんですよ。

素直に聴く姿勢、重要ですよね。

「学ぶ意欲」と「変わる意志」を
持てているのかどうか、
その瞬間にわかりますね。

今日は以上です!

今日1日をあなたの最高の笑顔とともに!
ありがとうございました。

RCFパブリッシング
佐々木浩一

===

ダイエットしても、つい間食してしまう。

立てた目標もいつのまにか忘れ去られ、
なぜ人は変わりたいのに変われないのか?

7日間で悪習慣を書き換える方法がありますが
興味ありますか?

最新の脳科学を駆使したら、
行動を変えることは簡単で、
継続の方法を知ってしまうと、
習慣化は自動で起こります。

脳をダマして
7日間で悪習慣を変える方法
は、こちらから無料登録

7日間で悪習慣を書き換える方法
メールアドレス *



《佐々木浩一の電子書籍》

1冊目:

「脳をダマせ!」
カタい頭を、自由なアイデアの
源泉につなぐ「0から1」の発想術

2冊目:

「3つの封印を解けば誰でも成功する」
あなたの人生を激変させる14日間プログラム
(ムービーブック)

3冊目:

「脳をダマせ!2」
自己内対話:なりたい自分に100%変われる
究極の自己変革スキル

4冊目:

「脳をダマせ!3」
ネガティブWelcome!! 感情の正しい使い方
「本当の欲求」と「嘘の欲求」を嗅ぎ分けろ!

5冊目:

「脳をダマせ!Vol.4 」
~ちまたの目標設定術がクソな理由(わけ)~
「ウマくいかないやり方は今すぐ捨てろ!」

アマゾンジャパンのアカウントをお持ちの方は
こちらのリンクから購入してください。

http://www.amazon.co.jp/-/e/B01E4O1B50

海外のアマゾンアカウントをお持ちの方は
Koichi Sasakiを検索してください。

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから
→ http://abxhe.biz/brd/archives/dksjku.html

「なるほど」って思ったらシェアしてください。
↓ ↓ ↓