おはようございます!
佐々木です。

僕の有料プログラムに
参加しているわけでもなく、
ただただ毎日のメルマガを
読んでくれて、

「支えになった」
って、感謝のメールを
いただくことがあります。

すっごく嬉しいです。

「二人三脚プログラム」など、
いくつかあるプログラムに参加したら
直接交流する機会があるので
何か役に立ててるのかもしれないって
感覚は持てますが、

メルマガだけだと、
基本コミュニケーションが
一方通行なので
どこまで僕のメッセージが
届いているのか掴みかねます。

でも、そんな読者がいっぱいいる
メルマガを書けたら
素晴らしいことだと思います。

ーーーー
佐々木様

いつも愛に溢れるメールを
ありがとうございます。

これまで、家族のことで応援していること、
気がかりなことがありましたが、
今回念願が叶いました。

これまで精神的に支えになったのは
佐々木様のメッセージでした。
家族への声かけや
自分の心の持ちようなど
意識的に変えることができました。

全てのメッセージを自分に
あてはめることができたのは
真理だからなのだと思います。

金銭的にはこれまで以上に
お金がかかるので
しばらくもがくと思いますが、
盲目的な不安はなくなりました。

ありがとうございました。

質問ではなくてお礼です。
いつかもっと近くに行けるよう
RCFを回しています。
ありがとうございます。
ーーーー

いつかお会いできることを
楽しみにしております。

また、ご報告いただけるのを
お待ちしております。

「相手を信じる」

最近、「本気で生きる」って
言葉の解釈が変わってきました。

「本気」っていわれると、
その「本気」の出し方も
正しくてスマートじゃないと
ダメなような気がしてませんか?

実はそうじゃないんですよね。

今のブッサイクな自分を
フルパワーで出してみるってこと
なんですよね。実は。

僕ね、今でこそ、
家族の関係について
偉そうに語れるようになってきましたが、

僕の出身地は
「引きこもりのニート」ですからね。

完全に心を閉ざしてしまった
社会不適合者です。

長いこと心閉ざしていたんで
家族に自分の正直な気持ちとか
考えていることを言葉にして
表現することなんて、

どう頑張ってもできないのです。

100あるうちの1も出せない。
出したとしても、
感情的に萎縮して本音とは違うことを
言ってしまうし、

まあ、一緒に住んでいる家族からすると
「問題の種」的な存在以外の何者でもない。

例えば、
「素直になれない」って
自分がいたとします。

「本気で生きる」って
素直になることじゃないですからね。

「素直になれない」のが
今のその自分なんですから、
その自分を本気で出すんですよ。

どうしても受け入れられないこと
やっぱりあるじゃないですか。
それを無理に相手に合わせるんじゃなくて
思いっきり本気で反発したらいいと思うのです。

・そんな言い方するあなたは大嫌い
・なんで自分を殺してあなたに合わせなきゃならないの
・絶対に嫌です
・あなたの言葉や態度は受け入れられない

本心ですよ。これ。
でも中途半端に「ボソボソ」表現しても
相手はそんなつもりサラサラないから、
当然、反撃してきます。

表現が中途半端だと
喧嘩も中途半端で終わった後
相手への不満だけが残る。

正直にとことん出しきるんです。

僕なんて
うまく言葉にできないから、
フラストレーションMAXになってきて、
怒りが爆発します。

腹筋が筋肉痛になるくらい
全力で怒鳴って、
そこまで必死で表現してるのに
意味不明な言葉になってるから
余計に通じなくて余計にフラストレーション。

怒りが頂点になって、
そこからさらに
フラストレートすると、
悲しくなってくるんです。

「なんで、こんなに必死で
言ってるのにわかってくれないのーーー!!」

まあ、これだけ狂ってると
理解できるものも理解できないですので
決してスマートなやり方ではないです。

でもね、
ダメな自分そのままむき出しで
そこまで必死で全力で訴えかけてきて、
怒って暴れて、しまいには泣き出すと、
別の何かが伝わるんです。

不思議なんだけど、
自分を誤魔化しながら出してもダメで、
正直に正直に最大限出すと
わかってくれるんですよ。

だってね、
なんでそんなにまで必死に
頑張るんだと思います?

わかってもらいたいから。
本気で。

どうしても、
わかってほしいからです。

なんで、そこまでして
わかってほしいんだと思います?

相手のことが大切だからですよ。
そして、相手のことを信じているからです。
いつか、わかってくれるって。

大切ではない人に、
そして信じていない人に
そこまで頑張れないですから。

こうやって人間関係って
作っていくんだと思います。

綺麗事なんかじゃないですよ。
だって、僕たち未熟なんだも。

学校じゃないんだから、
誰もあなたを評価しない。
偏差値なんてないし
内申点もないんですよ。

僕たちは知らず知らずのうちに
自分の本音を表現できない人間に
されてしまってます。

ノミの例や
象の例と同じです。

ノミはガラスのケースに入れておくと
ジャンプしてガラスにぶつかり続け
ジャンプする高さを勝手に調整し
しばらくして蓋を外しても
元あったガラスの高さ以上には飛ばないです。

象は子供の力の弱いときに
鎖で繋いでしまうので、
大人になって簡単に鎖を引きちぎって
逃げる体力があるのに
逃げようとはしないです。

自分の限界を一度設定してしまうと
僕らはその限界を越えようとはしません。

自分の本音を
本気になって表現しないで
生きる癖が見事についている僕らは、
本音でも本気でも生きられないのです。

その癖、

自覚したら選択になります。

無自覚のままだと、
そのブッサイクな自分が
運命になります。

1、自覚し
2、新たな選択をし
3、選択をし続け
4、習慣化したら

5、あなたの運命は変わります。

信頼という土壌があるとき
人は力を発揮するんだと思います。

全力を出し切らない癖を
自覚して、

信頼して、
出し切ることにチャレンジしてみましょう!

僕の「異次元チャレンジ」、
「地獄の6分」は、
運命を変えるチャレンジを
しているってことです。

今日は以上です。

では、

今日をあなたの最高の笑顔とともに
最高にハッピーな気分で!
ありがとうございました。

佐々木

===============
佐々木への質問を募集します。
===============

あなたの悩みを僕が直接回答し解決します。

どんな課題であっても結構です。
スッキリしちゃってください。

質問はこちらから


佐々木への質問フォーム
  *  (山田)
メールアドレス  *
性別  * 男性 女性
所在地  *  国、都市名(アメリカ、ロサンゼルス)
匿名希望  *
お問い合わせ  *